野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 楽天アマダー、ドーピング違反で6か月出場停止 意図的な禁止物質の摂取は否定

楽天アマダー、ドーピング違反で6か月出場停止 意図的な禁止物質の摂取は否定

NPBは9日、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会が楽天のジャフェット・アマダー内野手に対し、アンチ・ドーピング規程違反で6か月間の出場停止処分を科したと発表した。出場停止は、2018年8月9日から2019年2月8日まで。

楽天のジャフェット・アマダ―【写真:荒川祐史】
楽天のジャフェット・アマダ―【写真:荒川祐史】

NPBが発表、禁止物質の「クロルタリドン」と「フロセミド」が検出

 NPBは9日、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会が楽天のジャフェット・アマダー内野手に対し、アンチ・ドーピング規程違反で6か月間の出場停止処分を科したと発表した。出場停止は、2018年8月9日から2019年2月8日まで。

【公示】アマダ―は8月3日に登録抹消されていた…8月のNPB出場選手登録および登録抹消一覧

 アマダーは6月13日の中日戦で行われた競技会ドーピング検査の対象となり、尿検体が採取された。分析機関により利尿作用のある禁止物質「クロルタリドン」と「フロセミド」が検出され、7月23日に報告された。

 アマダーはNPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会の面会に対し、意図的な摂取はないと述べているという。また、アマダー本人の希望により、8月1日にB検体の再分析を実施。2日にA検体と同じ物質が検出されていた。アマダーは翌3日に出場選手登録を抹消されていた。

 NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会の斉藤惇委員長は発表を通じ「かねてより、アンチ・ドーピング活動の啓発は、新人研修会や春季キャンプ地説明会で継続して行ってきた。今後も選手のみならず球団においてもアンチ・ドーピングの意識を高く持って頂きたい」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」