野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中日・吉見が今季4勝目&6年ぶり完封勝利 先制打も放ってチーム6連敗阻止

中日の吉見一起投手が10日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦で、6年ぶりとなる完封勝利を飾った。チームは3-0で勝利し、連敗を5で止めた。

中日対ヤクルトの試合結果
中日対ヤクルトの試合結果

9回を3安打無失点、103投の力投で白星

■中日 3-0 ヤクルト(10日・ナゴヤドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 中日の吉見一起投手が10日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦で、6年ぶりとなる完封勝利を飾った。チームは3-0で勝利し、連敗を5で止めた。

 吉見は2回1死から雄平に二塁内野安打を許すまで、4者連続凡退という上々の立ち上がり。3回2死からブキャナンに左前に安打されたが、その後は6回先頭の中村悠平にセンター前にヒットを許しただけ。スコアボードに「0」を並べ続けた。

 打席でも輝いた。4回2死一、三塁で打席に立つと左翼へ先制タイムリー。自らのバットで流れを呼ぶと、5回にはビシエドがソロ弾で1点を追加し、投打に奮闘する吉見を援護した。

 終わってみれば、9回103球を投げ、3安打3奪三振無四球の完封勝利。チーム6連敗を阻止する白星で、防御率を3.63まで下げた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」