野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャーで106年ぶりの珍プレー 打者走者がアウトにならずトリプルプレー

メジャーで106年ぶりの珍プレー 打者走者がアウトにならずトリプルプレー

大谷翔平投手が先発出場した16日(日本時間17日)のエンゼルス-レンジャーズ戦で、両軍大混乱となるメジャー106年ぶりの珍トリプルプレーが実現した。

トリプルプレーを完成させたレンジャーズ・プロファー(左)、オドル【写真:Getty Images】
トリプルプレーを完成させたレンジャーズ・プロファー(左)、オドル【写真:Getty Images】

両軍混乱の三重殺は1912年のブルックリン・ドジャース以来の珍プレー

 大谷翔平投手が先発出場した16日(日本時間17日)のエンゼルス-レンジャーズ戦で、両軍大混乱となるメジャー106年ぶりの珍トリプルプレーが実現した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 エンゼルスの3点リードで迎えた4回。無死満塁でフレッチャーは痛烈な三ゴロ。これをプロファーが好捕した。まず三塁ベースを踏んで二塁走者がアウト。さらに、飛び出していた三塁走者のワードをタッチして2アウト。そして、二塁にボールを送ってオドルがベースを踏み、トリプルプレーが完成した。

 この場面では打者走者のフレッチャーはアウトにならず。走者3人による三重殺となった。地元テレビ局「FOXスポーツ・ウェスト」によると、打者走者がアウトにならずに三重殺が完成したのは、メジャーでは1912年のブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)以来の珍事だったという。

「すごく珍しいプレーでしたが、感想は?」という質問に、マイク・ソーシア監督は試合後、「トリプルプレーだね。奇妙だ。最初に目の当たりにした時は奇妙な気分だったよ」と目を丸くしていた。

 三重殺完成後、オドルが一塁走者のカルフーンにタッチに行き、レンジャーズの選手が一瞬の間の後に喜び始めるなど、このプレーに両軍は混乱状態となった。カルフーンをはじめエンゼルスの選手たちもキョトンとして立ち尽くし、ソーシア監督もベンチから飛び出して審判に説明を求めた。

 大チャンスが一瞬にして潰れた格好のエンゼルスは6点リードを逆転されて6-8で痛恨の一敗となった。指揮官は「奇妙だけれど、素晴らしいリアクションだった。最高のプレーだ」と相手を称えるしかない様子だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」