野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元メジャー右腕が金足農・吉田を絶賛も… 3戦150球超えに「心配ですね」

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は17日、13日目を迎え、第2試合で金足農(秋田)が横浜(南神奈川)を劇的な逆転劇の末、5-4で破り、23年ぶりの準々決勝進出を決めた。試合序盤から2点差の攻防を繰り広げた好試合は、2点ビハインドの8回裏に金足農の高橋佑輔がバックスクリーンに土壇場の逆転3ランを運び、最後はエース吉田輝星が3者連続三振締め。164球の熱投でチームを勝利に導いた。

元阪神でメジャーでもプレーした藪恵壹氏【写真:岩本健吾】
元阪神でメジャーでもプレーした藪恵壹氏【写真:岩本健吾】

3戦連続150球以上には懸念「164球はないですよね」

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は17日、13日目を迎え、第2試合で金足農(秋田)が横浜(南神奈川)を劇的な逆転劇の末、5-4で破り、23年ぶりの準々決勝進出を決めた。試合序盤から2点差の攻防を繰り広げた好試合は、2点ビハインドの8回裏に金足農の高橋佑輔がバックスクリーンに土壇場の逆転3ランを運び、最後はエース吉田輝星が3者連続三振締め。164球の熱投でチームを勝利に導いた。

 この日の主役は、やはり吉田だった。3試合連続で9回完投。打席に立っても、3回には自らバックスクリーンへ同点2ランを叩き込んだ。8回裏も先頭打者だった吉田のセンター前ヒットから逆転劇がスタート。9回には自身今大会最速の150キロも計測し、12安打を許しながらも14三振を奪うピッチングとなった。

 最後まで攻める姿勢で投げ続けた吉田は、開幕前からプロスカウトも注目する逸材として知られていた。元阪神でメジャー右腕の藪恵壹氏も「吉田君のあのストレートは本当に質がいいですね」と感心する。質がいいストレートとは、どんな球なのだろうか。

「ボールが指先から離れた瞬間からキャッチャーミットに収まるまで、勢いを失わずに落ちることがない。本当に質のいいストレートを投げますね。一度トラックマンを使って、どんなストレートなのか、球の回転数など数値化してみたくなる。そんなピッチャーですね。

 あの球が投げられるのは、しっかり下半身を使って投げているから。右足1本で立った後、踏み込んだ左足にグワッと一気に体重を移動することができる。1から一気に100までグッと移動できる感じですね。高校生であれだけ上手く下半身を使った投げ方ができる投手は、そう多くはいませんよ。

 最後、9回にスタミナは大丈夫か心配しましたが、逆に力を入れましたね。150キロを投げて、さらに3者三振斬り。それまで毎回の12安打を許していたのに、最後だけ3者凡退に締めましたから。これは見事でした」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」