野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • パ・リーグの“不敗神話”は誰だ! 一発を打てば負けない勝利を呼ぶ男たち

パ・リーグの“不敗神話”は誰だ! 一発を打てば負けない勝利を呼ぶ男たち

「●●選手がホームランを打ったら負けない」という“不敗神話”は、プロ野球の世界においてこれまで幾度となく生み出されてきた。今季のパ・リーグもその例外ではなく、現在3人の選手が同様の「神話」を持っているようだ。そこで、今回はパ・リーグ6球団に所属している選手の本塁打とチーム成績の相関関係について、特筆すべき結果を残している選手たちを紹介していきたい。

日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】
日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

日本ハム西川、清水、西武・栗山は一発を打てばチーム全勝

「●●選手がホームランを打ったら負けない」という“不敗神話”は、プロ野球の世界においてこれまで幾度となく生み出されてきた。今季のパ・リーグもその例外ではなく、現在3人の選手が同様の「神話」を持っているようだ。そこで、今回はパ・リーグ6球団に所属している選手の本塁打とチーム成績の相関関係について、特筆すべき結果を残している選手たちを紹介していきたい。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 日本ハムの西川遥輝外野手は今季9本塁打を放っているが、同選手がホームランを記録した試合でチームは9戦全勝。リードオフマンとしてチームを勢いづける役割を果たしていると言えそうだ。また、同僚の清水選手も今季6本塁打とサンプル数は少ないものの、同じく一発を放った5試合(1試合2発含む)ですべて勝利と「不敗神話」を継続中。扇の要を担う機会も多い伏兵の一打は、チームにとっても小さくない意味を持っているようだ。

 また、西武の栗山巧外野手も「不敗神話」を保っている選手のひとりで、今季本塁打を放った5試合すべてでチームが勝利を収めている。今季はまだ5本塁打とその本領を発揮しきれてはいないが、経験豊富なベテランの存在は首位を走るチームにとっても頼もしいものとなっているのかもしれない。

 その他にも、無敗とまではいかずとも、本塁打を放った試合の多くでチームが勝利を収めているスラッガーも少なくはない。西武の4番・山川穂高は、自身が本塁打を放った試合でチームは22勝1分8敗とその多くを白星に結びつけており、日本ハムのレアード内野手(16勝6敗)とソフトバンクの柳田悠岐外野手(17勝1分6敗)も、一発を放った試合では高い割合で所属チームを勝利へと導いている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」