野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 首位西武は逆転勝利、楽天ドラ1近藤が6回1失点の好投…パ18日はこうなった

首位西武は逆転勝利、楽天ドラ1近藤が6回1失点の好投…パ18日はこうなった

プロ野球のパ・リーグは18日、各地で3試合が行われた。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

ソフトバンクは打者一巡の猛攻でオリックスを圧倒

 プロ野球のパ・リーグは18日、各地で3試合が行われた。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 首位・西武は初回に秋山の17号ソロ、2回に中村の21号2ランで3点を先制。3回に西川と近藤のタイムリー、中田の犠飛で3点を許し、同点に追いつかれた。その裏に1点を勝ち越すと、5回に再び同点とされ、6回には清水の犠飛などで2点リードを許す。敗戦濃厚かと思われたが、8回に森の中前打と2四球で1死満塁としたところで、栗山の三ゴロでまず1点。なおも2死二、三塁から金子侑が左翼へ逆転2点三塁打を運び、試合を引っくり返した。9回はヒースが3者凡退とし、4セーブ目を飾った。

 ソフトバンクは初回に安打と死球と暴投で1死二、三塁としたところで柳田の2点タイムリーで先制に成功。先発ミランダは、4回に吉田正に20号2ランを浴びて同点に追いつかれたが、6回に打線が奮起した。上林、中村、柳田の3連打で1点を加えると、その後も今宮と牧原にタイムリーが飛び出すなど、打者一巡で5点を勝ち越し。6回途中から嘉弥真、加治屋、五十嵐、中田が無失点リレーで2連勝とした。

 楽天は初回に島内と銀次のタイムリーで2点を先制。先発のドラ1近藤は4回に井上にセンターへタイムリーを許したが、6回を3安打1失点(自責1)の好投でプロ初勝利の権利を持って降板した。だが、7回に松井の暴投で同点。試合は振り出しに戻ったが、8回に2死二塁から枡田が右翼へヒットを放つと、相手の失策もからみ、1点を勝ち越した。9回に守護神ハーマンが1死満塁のピンチを招いたが、角中を一塁ゴロ併殺に打ち取り、逃げ切った。

【17日終了時点】
1西武 61勝41敗2分 
2日本ハム 57勝46敗2分 4.5
3ソフトバンク 51勝49敗1分 4.5
4ロッテ 48勝51敗3分 2.5
5オリックス 49勝54敗5分 1.0
6楽天 45勝59敗2分 4.5

【18日終了時点】
→1西武 62勝41敗2分 
→2日本ハム 57勝47敗2分 5.5
→3ソフトバンク 52勝49敗1分 3.5
→4ロッテ 48勝52敗3分 3.5
→5オリックス 49勝55敗5分 1.0
→6楽天 46勝59敗2分 3.5

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」