野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の豪快アッパースイングが話題に フィニッシュ姿に「新しいMLBロゴに」

大谷の豪快アッパースイングが話題に フィニッシュ姿に「新しいMLBロゴに」

18日(日本時間19日)に敵地レンジャーズ戦で、バックスクリーンに豪快な13号3ランを叩き込んだエンゼルス大谷翔平投手。の時、大谷が見せた迫力満点なフィニッシュの姿が、現地で話題に。「野球ゲームのカバー写真だ」「新しいMLBのロゴにすべき」など、称賛の声が上がっている。

豪快なスイングで魅せた大谷翔平【写真:AP】
豪快なスイングで魅せた大谷翔平【写真:AP】

体を大きく仰け反らしながらバックスクリーンへ

 18日(日本時間19日)に敵地レンジャーズ戦で、バックスクリーンに豪快な13号3ランを叩き込んだエンゼルス大谷翔平投手。高め速球を体を反らしながらのアッパースイングで完全攻略。この時、大谷が見せた迫力満点なフィニッシュの姿が、現地で話題に。「野球ゲームのカバー写真だ」「新しいMLBのロゴにすべき」など、称賛の声が上がっている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 豪快なスイングで魅せた大谷だが、そのフィニッシュの美しさもアメリカで大きな話題となっている。

 7回に代打出場した大谷が、バットで捉えたのは高めの速球だった。普段は均整の取れたスイングの美しさで有名だが、この時は体を仰け反りながらの珍しいアッパースイング。殿堂入りしたケン・グリフィーJr.や通算319本塁打のプリンス・フィルダーを思わせるフィニッシュはインパクト絶大だった。

 MLB公式ツイッターは、まるで「人」という漢字のように見える大谷のフィニッシュ姿を捉えた写真を、ビックリ仰天を意味する目玉の絵文字とともに公開した。

 力感と躍動感あふれる芸術的な1枚に、地元ファンもツイッター上で次々に反応した。

「このシルエットを新しいMLBのロゴにすべき」

「これは間違いなく『2019年版 MLB ザ・ショー(人気ゲームのタイトル)』のカバー写真だ」

「彼に首ったけだ」

「ジャンプマンスタイルか? 美しいポーズだ」

 バスケットボール界のレジェンド、マイケル・ジョーダンで有名な「エアジョーダン」のロゴに例える声まで出たほど。衝撃の13号ホームランそのものにとどまらず、シルエットまでがファンの心を鷲づかみにしたようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」