野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

自炊生活を送る侍女子代表 一番の料理上手はエース里、投球との共通点も!?

第8回WBSC女子野球ワールドカップ(22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表が渡米後、自炊生活を送っている。

マグロと大根の煮物とマグロステーキをスタッフに差し入れする里【写真:石川加奈子】
マグロと大根の煮物とマグロステーキをスタッフに差し入れする里【写真:石川加奈子】

「チームワークを高める」ための自炊生活、見事な腕前は「SATO’S キッチン」と呼ばれるほど

 第8回WBSC女子野球ワールドカップ(22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表が渡米後、自炊生活を送っている。

前人未到のW杯30連勝&6連覇 侍ジャパン女子代表を重圧から開放した橘田監督の言葉(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ロサンゼルス経由で16日夜にフロリダ入りし、翌日から自炊を開始。17日の昼食は、選手が部屋ごとにカレーライスを作って食べた。総勢20人の選手は、17~29歳と年齢層は幅広く、料理を全くしたことがないという選手もいたが、異国の地で和気あいあいと共同作業を楽しんでいる。

 フライパンと鍋を片手に、野菜炒めや餃子スープ、ステーキを選手に振る舞った橘田恵監督は、自炊の狙いについて「チームワークを高めること」を理由の一つに挙げる。「役割分担をして、自分の役割を全うする。さらに手助けが必要な人を見つけて、手助けする」と野球につながる共通点を認識している。

 選手で一番の料理上手は、間違いなく里綾実投手(愛知ディオーネ)だろう。目の前にある食材を見て、ひらめきで調理法を決め、手際よくパパっと仕上げる。その見事な腕前で“SATO’S キッチン”と呼ばれるようになった。

 残り物のトンカツとチャーハンも里の手にかかれば、違うごちそうに変身する。トンカツはキャベツと一緒に煮て卵でとじてカツ煮に。さらにその少し残った汁にチャーハンと牛乳を投入して、味を整えてリゾットにといった具合だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」