野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

評価上昇中の金足農・吉田は「即戦力」 育成のプロが感服した「すごい能力」

第100回全国高等学校野球選手権記念大会は20日に準決勝が行われ、第1試合は金足農(秋田)が2-1で日大三(西東京)を破り、秋田県勢として第1回大会の秋田中(現秋田高)以来103年ぶりの決勝進出を果たした。エースの吉田輝星投手が強打の日大三を相手に9回9安打1失点7奪三振と力投。134球を投げきり、5試合連続の完投で勝利をつかんだ。

ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏【写真:岩本健吾】
ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた松井優典氏【写真:岩本健吾】

秋田県勢103年ぶりの決勝進出、名将・野村克也の“右腕“松井氏が「驚いた」場面とは…

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会は20日に準決勝が行われ、第1試合は金足農(秋田)が2-1で日大三(西東京)を破り、秋田県勢として第1回大会の秋田中(現秋田高)以来103年ぶりの決勝進出を果たした。エースの吉田輝星投手が強打の日大三を相手に9回9安打1失点7奪三振と力投。134球を投げきり、5試合連続の完投で勝利をつかんだ。

 ついに金足農を頂上決戦まで導いた剛腕・吉田。名将・野村克也氏の“右腕”としてヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務め、鳴り物入りでプロ野球の世界に飛び込んできた若手選手を数多く指導してきた松井優典氏は、「プロでも即戦力として十分に活躍できる」と改めてその能力を絶賛した。1回戦を終えた時点で、吉田について「洗練された完成度の高い投手」と高く評価していたが、この日の投球には驚かされる場面があったという。松井氏が「吉田君という投手の全てが集約されている」と表現したのが、終盤に投じられた2つのボールだ。

 まずは2点リードで迎えた8回1死一、二塁のピンチ。ここで打席に迎えたのは、日大三の主砲・日置。吉田はカウント2-0とボール先行になったが、3球目に真ん中付近への123キロを投じて見逃しでストライクを取り、その後、レフトフライに仕留めた。続く大塚に適時打を許して1点差とされたものの、踏ん張ると、9回も当然マウンドへ。ここでも先頭の代打・小沢に0-2とボールが先行したが、再びど真ん中へ135キロを投げて見逃し。その後、ニゴロに仕留めた。9回は不運な内野安打などで2死一、二塁とされたが、無失点に抑えて逃げ切り。勝利を掴み取った。松井氏は言う。

「一番驚いたのは8回のピンチでバッター日置君を迎えた場面です。カウント2-0からど真ん中。あれを投げるか、というボールでした。そして、9回の代打・小沢君のところでも、カウント2-0からど真ん中でした。あの2球に吉田君の全てが集約されています。彼の身体能力、精神力、そして、知能。つまり、考える能力です。この3つが本当に集約された2球だったと思います。

 8回の場面などは、あんな状況の中で3番打者に真ん中へのボールなんてまず投げられません。あれを打ってこないと思う、相手に対する確信のようなものがあったのでしょう。そうでなければ、真ん中には投げられません。あの2球に感服しました」

 2ボールになってからの3球目。投手が不利な状況での投球には、プロでも細心の注意を払う。ただ、吉田は終盤の大事な場面で2度に渡って大胆な投球を見せた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」