野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹4連勝でハムに1.5ゲーム差も、柳田&上林が負傷交代 清宮2号は空砲に

ソフトバンクが4連勝で、2位日本ハムに1.5ゲーム差と接近した。21日、静岡・草薙球場で行われた日本ハム戦。初回に4連打で3点を先制、5回にはグラシアルの来日初本塁打などで5点を加えて大量リードを奪って大勝した。だが、柳田悠岐外野手が5回の攻撃中に代走を送られ、上林誠知外野手が9回に死球を受けてそれぞれ途中交代し、不安を残す1勝となった。

来日初アーチを放ったソフトバンク・グラシアル【画像:(C)PLM】
来日初アーチを放ったソフトバンク・グラシアル【画像:(C)PLM】

グラシアルが来日初本塁打放つなど2安打3打点

■ソフトバンク 10-5 日本ハム(21日・静岡)

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクが4連勝で、2位日本ハムに1.5ゲーム差と接近した。21日、静岡・草薙球場で行われた日本ハム戦。初回に4連打で3点を先制、5回にはグラシアルの来日初本塁打などで5点を加えて大量リードを奪って大勝した。だが、柳田悠岐外野手が5回の攻撃中に代走を送られ、上林誠知外野手が9回に死球を受けてそれぞれ途中交代し、不安を残す1勝となった。

 打線が繋がった。初回、2番の今宮が二塁打で出塁すると、日本ハム先発の有原に4連打を浴びせて、幸先良く3点を先制した。5回には1死から出塁した今宮を塁に置き、グラシアルが来日初本塁打となる1号2ラン。柳田、松田が連打で続くと中村晃が11号3ランを放ち、この回一挙に5点を奪って試合を決めた。

 柳田は5回に右前安打で出塁し、松田の中前安打で二塁へ進んだ際に異変を訴えて途中交代。何らかのアクシデントがあったようで、代走を送られた。さらに9回には上林が右手に死球を食らって交代した。

 ソフトバンク先発の東浜は7回途中まで投げ、4安打3失点。味方のエラーも絡んで失点しており、自責点は1だった。右手指のマメを潰したために7回途中での降板となったが、今季3勝目をマークした。

 日本ハムは先発の有原が7回途中16安打10失点の大炎上。7回に、この日1軍に昇格し即スタメン起用された清宮が右翼スタンドに2号2ランを放ったものの、空砲に終わった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」