野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「スーツで満員電車に…」オリックスのドラ3福田を支える社会人時代の3年間

3年連続Bクラスに沈んでいるオリックス・バファローズ。今シーズンは、アルバース投手、増井浩俊投手といった新戦力に加え、吉田正尚外野手、山本由伸投手ら成長著しい若手も好調を維持しており、クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う。そんなチームの中で「レギュラーを獲りたい」と意気込むのは、ドラフト3位ルーキーの福田周平内野手だ。

オリックス・福田周平【写真:篠崎有理枝】
オリックス・福田周平【写真:篠崎有理枝】

NTT東日本から入団した福田、なぜ大学時代にプロ志望届を出さなかったのか

 3年連続Bクラスに沈んでいるオリックス・バファローズ。今シーズンは、アルバース投手、増井浩俊投手といった新戦力に加え、吉田正尚外野手、山本由伸投手ら成長著しい若手も好調を維持しており、クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う。そんなチームの中で「レギュラーを獲りたい」と意気込むのは、ドラフト3位ルーキーの福田周平内野手だ。

 福田は広島・広陵高から明大、社会人のNTT東日本を経てオリックスに入団。明大では2年春、3年秋にベストナインを獲得。4年時には大学日本代表に選出され、主将としてチームをハーレムベースボールウィーク準優勝に導いたが、大学ではプロ志望届を提出しなかった。

「まだまだ体ができていなかった。筋力的なところ、技術的なところもプロのレベルに達していませんでした。社会人でしっかり鍛えなおしたい。体力の強化から取り組みたいと思い、社会人に進むことを選びました」

 卒業後はNTT東日本に入社し、社会人からプロ入りを目指したが、1年目の都市対抗でチームは予選敗退。本大会出場チームの補強選手に選ばれることもなく、大舞台でプレーすることは叶わなかった。

「だいぶへこみましたね。それまで結果は残っていたんですけど、予選が始まってから全然よくなくて。舞い上がっていたのか、怖気づいていたのか、自分を全くコントロールできていませんでした」

 自身について「何とかなるだろうと思うタイプ」だと話す福田は、2年目に向けてすぐに切り替えたと当時を振り返る。筋力トレーニングに取り組み、スイングが強くなったと手ごたえを感じられるようになった2年目の都市対抗でチームは準々決勝に進出、自身も優秀選手に選ばれる活躍を見せたが、ドラフトでは指名漏れに終わった。

「その時のことは、結構覚えています。1日くらいで切り替えて、ドラフトの後の日本選手権に向かうことができました。それには、自分でもびっくりしましたね。3年目もあるし、終わったわけではない。2年目もそこまで自分に納得できていませんでした。『もっと体を強くしないと』と思っていました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」