野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元Gマイコラスに独占インタビュー「日本でまたプレーすることになったら…」

元Gマイコラスに独占インタビュー「日本でまたプレーすることになったら…」

巨人からカージナルスに移籍したマイルズ・マイコラス投手が圧巻の活躍を続けている。今季25試合に登板し、13勝3敗、防御率2.80。勝利数はリーグ3位タイ、防御率は同5位タイにつける。157回1/3を投げて、規定投球回到達者では最少の26四球とコントロールの良さが光り、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.04も同5位と安定感も抜群。すべての数字がまさにメジャーのエース級と呼ぶにふさわしいものとなっている。

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:盆子原浩二】
カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:盆子原浩二】

エース級の活躍を続けるカージナルス右腕「僕にとって素晴らしいシーズンになっている」

 巨人からカージナルスに移籍したマイルズ・マイコラス投手が圧巻の活躍を続けている。今季25試合に登板し、13勝3敗、防御率2.80。勝利数はリーグ3位タイ、防御率は同5位タイにつける。157回1/3を投げて、規定投球回到達者では最少の26四球とコントロールの良さが光り、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.04も同5位と安定感も抜群。すべての数字がまさにメジャーのエース級と呼ぶにふさわしいものとなっている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 メジャーデビュー後、パドレス、レンジャーズの2球団で37試合登板(10先発)、4勝6敗、防御率5.32と鳴かず飛ばずだった右腕は、2015年に巨人に移籍。3シーズンで31勝13敗、防御率2.18の好成績を残し、メジャー復帰を勝ち取った。Full-Countでは、日本での経験も生かしてメジャーの舞台で快投を続ける右腕に独占インタビューを実施。好調の理由、そして、ローレン夫人ら家族、日本への“愛”についても語ってもらった。

――素晴らしい活躍が続いている。

「僕にとって素晴らしいシーズンになっているよ。家族にとってはバタバタした1年だけどね。素晴らしいチーム、そしてチーメートとともにプレーして最高の1年を過ごせていることが幸運だし、感謝しているよ」

――同地区のチーム相手に好投している(カブス戦は3試合登板で2勝0敗&防御率2.00、レッズ戦は3試合登板で2勝0敗&防御率2.50、ブルワーズ戦は4試合登板で3勝0敗&防御率4.01、パイレーツ戦は3試合登板で0勝1敗&防御率3.32)。

「同地区のチーム相手に好投できるのは素晴らしいことだよ。とても大事な試合だからね。すごくエキサイティングな試合でもあるんだ。カブスやブルワーズと対戦すると、観客も素晴らしくて巨人-阪神戦が思い出されるんだ。巨人-広島戦とかね。ファンがとても盛り上がっていて、とても熱い試合になるんだよ」

――日本の野球から学んだことは?

「野球自体についてもたくさん学んだけど、一人の人間として自分自身のこともたくさん学んだんだ。新しい文化や環境、そして新しいスタイルの野球への対応方法とかね。日本の野球選手がプレーする姿を見て学んだこともあるよ。彼らはとても献身的で、ハードに取り組んでいる。『自分も一生懸命、頑張らないと』という気持ちにさせてくれるんだ。彼らは本当に野球が好きなんだ」

――日本とメジャーの違いは?

「共通している面もあるけど、違いもあるよ。メジャー(の打者)は長打狙いのスイングだけど、日本ではコンタクト重視なんだ。いずれにせよ良い投球をしないといけないってことだね。そうすれば結果もついてくるから」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」