野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【福岡発 売り子名鑑2018】登録数約500人…ヤフオクDのエリカ様が語る売り子界の厳しさと競争とは…

ペナントレースも終盤戦に差し掛かり、熱い戦いが連日繰り広げられている2018年のプロ野球。そんな各球場を彩る“華”となっているのが、各ビールメーカーの売り子たち。一見華やかに見える世界だが、連日10キロを超えるビールのタンクを背負い、階段ばかりの球場内を歩き回る

アサヒビールのエリカさん【写真:福谷佑介】
アサヒビールのエリカさん【写真:福谷佑介】

ヤフオクDの売り子登録数は約500人にものぼる

 ペナントレースも終盤戦に差し掛かり、熱い戦いが連日繰り広げられている2018年のプロ野球。そんな各球場を彩る“華”となっているのが、各ビールメーカーの売り子たち。一見華やかに見える世界だが、連日10キロを超えるビールのタンクを背負い、階段ばかりの球場内を歩き回る。肉体的な厳しさはもちろん、売り子の間での競争、売上を伸ばすための創意工夫など、トップ売り子たちは想像を遥かに超えるほどの苦労と努力を行っている。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2年連続のリーグ優勝を狙う福岡ソフトバンクホークスが本拠地とするヤフオクドームでも、ビール売り子たちの熱き戦いが連日繰り広げられている。ヤフオクドームではアサヒビール、キリンビールの2社が展開しているが、その売り子さんたちは登録制となっており、登録者数は両メーカー合わせて500人近い数にも上る。

 球場内でビールを売るのは100人ほど。残りの400人は必然的に仕事は巡ってこない。そこは当然、競争社会。シフトの希望が被った場合は、売上の多い人間が優先的にシフトに入れるようになる。結果が出なければ、売り子も出番が減っていく。トップクラスの売り子となれば”常連さん”と呼ばれる固定客もいるが、それでも、球場内では売り子同士での顧客の奪い合いとなる。

 まさに弱肉強食。その厳しい競争を生き抜くビールの売り子たち。昨季からの人気企画となっていた売り子紹介企画をリニューアルし、「福岡発 売り子名鑑2018」として厳しい世界を勝ち抜くトップクラスの売り子たちの苦労と苦悩、努力する姿を紹介していく。

 第1回は、アサヒビールのエリカさん。

 弾けるような笑顔が印象的なエリカさん。「高校を卒業した時に一度、友達に誘われたんですけど、他のバイトをしようと思っていて断ったんです。でも、夏くらいにバイトの掛け持ちを始めたくて、別の友達に誘われたのがキッカケでした」。売り子歴は今季で3年目となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」