野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • オリ7点差逆転で4位浮上、鷹は延長制し首位西武と5差…パ1日はどうなった

オリ7点差逆転で4位浮上、鷹は延長制し首位西武と5差…パ1日はどうなった

プロ野球は1日に6試合が行われ、パ・リーグは順位の入れ替わりがあった。オリックスは首位西武相手に7点差を逆転。10-8の劇的なサヨナラ勝ちで4位に浮上した。2回に1点を先制するも、3、4回に計8失点。7点をリードされた。しかし、5、7、8回と2点ずつ奪い1点差に。9回はヒースから無死二、三塁の好機を作り、中島がサヨナラ3ランを放った。西武は救援陣がことごとく失点し、痛恨の敗戦となった。

オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】

西武は救援陣が踏ん張れず逆転負け、ロッテは5位に後退

 プロ野球は1日に6試合が行われ、パ・リーグは順位の入れ替わりがあった。オリックスは首位西武相手に7点差を逆転。10-8の劇的なサヨナラ勝ちで4位に浮上した。2回に1点を先制するも、3、4回に計8失点。7点をリードされた。しかし、5、7、8回と2点ずつ奪い1点差に。9回はヒースから無死二、三塁の好機を作り、中島がサヨナラ3ランを放った。西武は救援陣がことごとく失点し、痛恨の敗戦となった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2位ソフトバンクは楽天との接戦を制した。2回に中村晃の2ラン、上林の適時打で3点を先制。しかし、その後は追加点を奪えず。楽天は3回にウィーラーが先発ミランダから2ランを放つと、8回には加治屋からもソロ弾を叩き込んで同点とした。だが、延長10回2死でソフトバンクの上林が松井裕からソロ弾。これが決勝点となった。敗れた首位西武とは5ゲーム差とした。

 日本ハムはロッテを4-3で下した。先発・上沢が2回に2点を先制されるも、直後の3回に2点を返し、6回には勝ち越しに成功。その裏に上沢がすぐに同点に追いつかれたが、9回に近藤が内から勝ち越し犠飛を放った。勝った3位ソフトバンクとは1ゲーム差のまま。ロッテは5位に後退した。

【31日終了時点】
1西武 68勝45敗2分
2ソフトバンク 61勝50敗1分 6.0
3日本ハム 61勝52敗3分 1.0
4ロッテ 52勝58敗3分 7.5
5オリックス 53勝60敗5分 0.5
6楽天 47勝66敗3分 6.0

【1日終了時点】
→1西武 68勝46敗2分
→2ソフトバンク 62勝50敗1分 5.0
→3日本ハム 62勝52敗3分 1.0
↑4オリックス 54勝60敗5分 8.0
↓5ロッテ 52勝59敗3分 0.5
→6楽天 47勝67敗3分 6.5

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」