野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

サイクル達成&5安打の根尾に緩みなし「今日の相手で満足しているようではダメ」

「第12回 BFA U18アジア選手権」が3日、開幕し、2大会連続優勝を目指す侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で香港代表と初戦を戦い、26-0と圧勝した。「5番・右翼」で出場した根尾昂(大阪桐蔭)はサイクル安打を達成するなど、5打数5安打5打点の大暴れでチームの大勝発進に大きく貢献した。

サイクル達成&5安打の侍ジャパンU-18代表の根尾【写真:荒川祐史】
サイクル達成&5安打の侍ジャパンU-18代表の根尾【写真:荒川祐史】

2回に三塁打、本塁打、単打を放ち、3回の二塁打でサイクル達成

「第12回 BFA U18アジア選手権」が3日、開幕し、2大会連続優勝を目指す侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で香港代表と初戦を戦い、26-0と圧勝した。「5番・右翼」で出場した根尾昂(大阪桐蔭)はサイクル安打を達成するなど、5打数5安打5打点の大暴れでチームの大勝発進に大きく貢献した。

侍ジャパンU-18代表がアジア選手権3位入賞に込めた「次世代への思い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、香港先発の軟投派左腕ウォン・シチャンに対し、まさかの3者凡退に終わった日本。そんなイヤな空気を振り払ったのが、根尾のバットだった。2回、先頭の藤原恭大(大阪桐蔭)が四球で出塁し、この日最初の打席に立った。「前の回の打者たちが擦っていたところがあったので、逆方向を意識していた」。初球を弾き返した強烈な打球は三塁手を強襲。そのまま左翼線を抜ける適時三塁打となった。

 「(相手の投手の球は)遅かったですね。130キロ出ないくらいと聞いていたので『ん?』と思いました」と言うが、最初の打席でキッチリと対応するところは、さすがの一言。これで打線に火が着いた。打者二巡、24人の猛攻で13安打7四死球で一挙に19得点。根尾自身も、第2打席で右翼スタンドへと飛び込む「打った瞬間にいったと思いました。思ったよりも飛んでなかったですけど」というソロ本塁打を放つと、さらにこの回の3打席目では中前適時打。1イニングでサイクル安打に王手をかけた。

 続く3回2死二塁で第4打席。「(二塁打でサイクル安打という)自覚はありました。センター前を打った時からですね」。狙っていた。打球は左前へ。ここで根尾は一気に二塁を狙った。「レフトの守備位置も深かったですし、シングル1本でいけるかなと思っていました。うまく打てて良かったです」。二塁を陥れ、自身初となるサイクル安打を成し遂げた。

 さらには4回の第5打席でも適時二塁打を放ち、サイクル安打を上回り、5安打5打点の大暴れ。「初戦に勝てたのは勢いが生まれると思います」と試合後に語ったものの、「今日の相手で5本打って満足しているようではダメだと思います」とも。浮かれる様子は微塵もなく、その表情は引き締まったままだった。

 「次、またすぐ明日試合がある。それに勝たないと、今日の勝ちの意味はなくなる。最後までやりきって、全勝するつもりでやりたいです」。香港代表は、あくまでも格下。今大会でライバルとなるのは韓国、そしてチャイニーズ・タイペイだ。アジアの頂点を掴むまで、若き侍たちが気を緩めることはなさそうだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」