野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • MLBとNPBを大きく分けるスイッチヒッターの存在 NPBではわずか2%…

MLBとNPBを大きく分けるスイッチヒッターの存在 NPBではわずか2%…

MLBとNPBの野球にはいろいろと違いがあるが、その1つに「両打=スイッチヒッターの比率」がある。MLBでは各球団に両打の打者がいて打線に名を連ねているが、NPBでは非常に少ない。

西武・松井稼頭央【写真:荒川祐史】
西武・松井稼頭央【写真:荒川祐史】

MLBではマントルやローズら偉大な両打が存在

 MLBとNPBの野球にはいろいろと違いがあるが、その1つに「両打=スイッチヒッターの比率」がある。MLBでは各球団に両打の打者がいて打線に名を連ねているが、NPBでは非常に少ない。

 MLBの規定打席以上の打者は現地9月1日の時点で146人いるが、その打席別の比率はこうなっている。

○ア・リーグ 75人
右打39人(52%)左打23人(31%)両打13人(17%)
○ナ・リーグ 71人
右打34人(48%)左打25人(35%)両打12人(17%)
(シーズン中に移籍し、両リーグにまたがって規定打席に達している選手が6人いる)

 規定打席以上の2割近くは両打だ。過去には536本塁打したミッキー・マントルや史上最多の4256安打を記録したピート・ローズなど偉大な両打打者がいる。
 
 両打は1870年代に活躍した内野手、ボブ・ファーガソンが始めたと言われ、長い歴史を持つ。MLBでは両打の選手は珍しい存在ではないのだ。

 しかし、NPBでは、今シーズン両打で規定打席に到達している選手はいない。NPBの8月末時点での現役選手は育成枠を含めて914人だが、その比率は次の通りだ。

右打506人(46%)左打387人(42%)両打21人(2%)

 両打の21人は以下の顔ぶれだ。

○パ・リーグ
松井稼頭央(西)金子侑司(西)田中和基(楽)佐野皓大(オ)杉谷拳士(日)姫野優也(日)加藤翔平(ロ)三家和真(ロ) 
○セ・リーグ
上本崇司(広)熊谷敬宥(神)西岡剛(神)植田海(神)三嶋一輝(De)西森将司(De)メルセデス(巨)若林晃弘(巨)マルティネス(巨)藤井淳志(中)アルモンテ(中)モヤ(中)ハフ(ヤ)

 このうち三嶋、メルセデス、ハフは投手だ。

 2000本安打を打った松井稼、首位打者を取った西岡剛などの球史に名を刻む打者もいる。また今、売り出し中の田中和基や植田海の名前もあるが、日本の両打打者はMLBに比べれば圧倒的に少ないことがわかるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」