野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

圧勝も…永田監督は打撃に不満 韓国戦へ「明日はこういうわけにはいかない」

宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は4日、大会2日目が行われた。侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でスリランカ代表とオープニングラウンド第2戦を戦い、15-0の6回コールド勝ち。2連勝でスーパーラウンド(SR)進出を決めた。5日は韓国戦に挑むが、永田裕治監督は打撃に修正が必要と話し、「明日はこういうわけにはいかない」と引き締め直した。

侍ジャパンU-18代表を指揮する永田裕治監督【写真:荒川祐史】
侍ジャパンU-18代表を指揮する永田裕治監督【写真:荒川祐史】

2連勝でスーパーラウンド進出も…「フライが多くて思うような打撃ができませんでした」

 宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は4日、大会2日目が行われた。侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でスリランカ代表とオープニングラウンド第2戦を戦い、15-0の6回コールド勝ち。2連勝でスーパーラウンド(SR)進出を決めた。5日は韓国戦に挑むが、永田裕治監督は打撃に修正が必要と話し、「明日はこういうわけにはいかない」と引き締め直した。

侍ジャパンU-18代表がアジア選手権3位入賞に込めた「次世代への思い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 前日の香港戦に続き、力の差は大きかったが、ひたむきなプレーを続けるスリランカの前に打撃では思ったように得点を重ねることができなかった日本。試合後、永田監督は第一声で「フライが多くて思うような打撃ができませんでした。ただ、ピッチャーが3投手、渡辺、山田、奥川までノーヒットに抑えてくれましたので、打撃はまた次の韓国戦に向けて修正し直してやっていきたいいと思います」と話した。

 12安打15得点を記録したが、「拙守にも助けられた」と永田監督。4回には円陣を組んだ。「点を取れていませんでしたので、ピッチャーが代わって120キロくらいのシュート回転のボールを投げていたので、そのボールをしっかり狙いに行こうと話しました」と振り返る。「走塁は日本の野球ができて、バッティングに関しては本当にフライが多かったので、修正して、明日はそういうわけにはいきませんので、もう1度ミーティングで引き締め直して明日に臨みたいと思います」と何度も打撃について厳しい言葉を並べた。

 最後に「一戦必勝で来てますので、明日、韓国戦に全力で勝ちにいきたいと思います」と改めて誓った指揮官。しっかりと修正して、昨年のW杯では敗れたライバルとの一戦に挑む。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」