野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

きょう宿敵韓国戦 吉田輝星が覗かせた自信「自分の伸びる球が空振りを…」

宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」。4日、大会2日目が行われ、2大会連続優勝を目指す侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でスリランカ代表と戦い、15-0の6回コールドで圧勝した。前日の香港代表戦に続き、2連勝でスーパーラウンド進出を決め、5日は宿敵の韓国と、グループA首位の座をかけて第3戦を戦う。

侍ジャパンU-18代表・吉田輝星【写真:荒川祐史】
侍ジャパンU-18代表・吉田輝星【写真:荒川祐史】

この試合結果が、スーパーラウンドでも引き継がれる

 宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」。4日、大会2日目が行われ、2大会連続優勝を目指す侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でスリランカ代表と戦い、15-0の6回コールドで圧勝した。前日の香港代表戦に続き、2連勝でスーパーラウンド進出を決め、5日は宿敵の韓国と、グループA首位の座をかけて第3戦を戦う。

アジアで勝つために―育成のスペシャリストが侍ジャパンU-18代表の戦いに見た、課題と収穫(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 韓国との一戦は、オープニングラウンドで唯一にして、最大のヤマ場となる。グループAの首位通過がかかっていることはもちろん、この韓国との試合の結果は、スーパーラウンドにも引き継がれる。スーパーラウンドはオープニングラウンドで別グループだった国としか対戦しないから、だ。仮にここで1敗を喫すると、スーパーラウンドも1敗を喫した状態でスタートすることになる。それを避けるためにも、そして相手が韓国ということでも、負けられない一戦となる。

 オープニングラウンドの大一番となる韓国戦で、登板が見込まれているのが、ここまで2試合登板のなかった柿木蓮(大阪桐蔭)、そして吉田輝星(金足農)の2人だ。

 今大会、侍ジャパンU-18代表の中でも大きな注目を集めている吉田は、韓国打線をどのように見ているのか。4日のスリランカ戦後に、こう語っている。

「開会式でも見て、体はデカイし、甘いところにいくと持っていかれる印象ですね。日本のシャープなスイングとは違うと思うので、しっかり高めで空振りを取りたいと思います。1番から9番までホームランを狙ってすごく大きいスイング、力強いというか、そういうスイング(をする打者)が多いと思う。下から来るバッターに対しては、自分の伸びる球が空振りを1番取りやすいのかなと思っています」

 韓国代表はフィジカルに優れ、パンチ力のある打撃が武器となる。大きなスイングをしてくるため、吉田の見立てでは、甲子園でも数多くの空振り奪ってきた右腕の最大の武器である高めのストレートが大きな威力を発揮するという。

「早く投げたいと思っていましたけど、その気持ちでボールがいいボールがいっているので、その気持ちのおかげで2日間しっかり調整できたのが大きいかなと思います。韓国、台湾をしっかり倒すとみんなで決めているので、自分がどういう形で投げるかはわからないですけど、出た時はしっかり自分のピッチングをしたいと思います。2連覇するというのと、去年の雪辱を晴らすというのでやっているので絶対に勝ちたいと思います」

 韓国は昨年行われた「第28回 WBSC U-18ワールドカップ」で決勝進出を阻まれた相手。果たして、吉田はどのタイミングでマウンドに上がるのか。“先輩”たちのリベンジの思いも胸に、韓国をねじ伏せてもらいたいものだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」