野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打線が韓国の左腕キム・キフンに大苦戦 4回までわずか1安打…

宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は5日、大会3日目を迎え、2大会連続優勝を目指す侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で韓国代表とオープニングラウンド第3戦を戦った。

4回に三塁打を放った侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:荒川祐史】
4回に三塁打を放った侍ジャパンU-18代表・藤原恭大【写真:荒川祐史】

4回1死から藤原が三塁打を放つも、得点には繋がらず…

 宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は5日、大会3日目を迎え、2大会連続優勝を目指す侍ジャパンU-18代表はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で韓国代表とオープニングラウンド第3戦を戦った。

アジアで勝つために―育成のスペシャリストが侍ジャパンU-18代表の戦いに見た、課題と収穫(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、先発の吉田輝星(金足農)が韓国の4番キム・デハンに3ランを浴び、いきなり3点を失った。援護したい打線も、韓国の先発左腕キム・キフンの前に大苦戦を強いられている。

 初回、奈良間大己(常葉大菊川)が四球で出塁するも、中川卓也、藤原恭大(ともに大阪桐蔭)が凡退。3回には先頭の小泉航平(大阪桐蔭)が四球で出塁し、続く日置航(日大三)の犠打で二塁へ進んだが、小園海斗(報徳学園)が左飛、奈良間が中飛に終わり、3回まで無安打が続いた。

 チーム初安打は4回1死から。藤原恭大(大阪桐蔭)が右越えの三塁打を放って出塁し、得点のチャンスを作ったが、根尾昂(大阪桐蔭)が空振り三振。野尻幸輝(木更津総合)が四球で繋いだが、蛭間拓哉(浦和学院)が中飛。4回までわずか1安打に抑えられ、無得点が続いている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」