野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ロッテ益田が400試合登板、楽天は接戦制して9連敗阻止…パ5日はどうなった

ロッテ益田が400試合登板、楽天は接戦制して9連敗阻止…パ5日はどうなった

パ・リーグは5日、各地で3試合が行われた。

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

首位・西武は日本ハムに3安打完封負け

 パ・リーグは5日、各地で3試合が行われた。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 首位の西武は3位・日本ハムに0-4で完封負けした。先発・榎田は初回、中田の左犠飛と鶴岡のタイムリー二塁打で2失点。2回と3回は連続で3者凡退としたが、要所で粘れず6回1/3を8安打4失点だった。打線は日本ハム先発・加藤の前に沈黙。4回1死から秋山が右翼へヒットを運ぶまで、打者10人が連続凡退となるなどいいところなし。わずか3安打に封じられてしまった。

 2位のソフトバンクは強風吹き荒れるZOZOマリンスタジアムでロッテに3-11で敗れた。先発の松本裕は初回に角中に2ランを許すと、3回には鈴木に2ランを献上。3回4失点で早々にマウンドを下りた。さらに、2番手でマウンドに上がった中田が、2イニングで7失点と奮わず。打線も、シーズン途中に先発転向したシェッパーズから3点を奪ったものの、6回以降は抑え込まれた。ロッテのシェッパーズは来日初勝利を記録。8回に登板した益田は通算400試合登板を達成した。

 楽天はオリックスに9-8で勝利し、泥沼の連敗を8で止めた。初回に銀次の4号ソロで1点を先制するも、その裏に4点を返された。3-6で迎えた5回にウィーラーの2点二塁打で1点差に詰め寄ると、7回に島内の8号2ランで逆転に成功した。だが、8回に逆転され、万事休すと思われた9回に再び島内が奮起。同点タイムリーで望みをつなぐと、ウィーラーの打席でオリックス守護神・増井が暴投し、勝ち越しに成功した。

【4日終了時点】
1西武 69勝47敗2分 
2ソフトバンク 63勝50敗1分 4.5
3日本ハム 63勝53敗3分 1.5
4オリックス 55勝60敗5分 7.5
5ロッテ 52勝60敗3分 1.5
6楽天 47勝68敗3分 6.5

【5日終了時点】
→1西武 69勝48敗2分 
→2ソフトバンク 63勝51敗1分 4.5
→3日本ハム 64勝53敗3分 0.5
→4オリックス 55勝61敗5分 8.5
→5ロッテ 53勝60敗3分 0.5
→6楽天 48勝68敗3分 6.5

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」