野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

82歳で死去の元広島投手・鵜狩道夫氏 長嶋茂雄「幻の本塁打」事件の当事者

西鉄、広島で55勝を挙げた右腕投手、鵜狩道夫氏が8月27日に死去した。82歳だった。

鵜狩道夫氏の生涯成績
鵜狩道夫氏の生涯成績

西鉄では稲尾らの陰に隠れ出場機会に恵まれず

 西鉄、広島で55勝を挙げた右腕投手、鵜狩道夫氏が8月27日に死去した。82歳だった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 鵜狩氏は1936年7月14日生まれ、長嶋茂雄、野村克也の1学年下。鹿児島県立伊集院高校、鹿児島市交通局を経て、1955年に西鉄ライオンズに入団。当時の鹿児島市交通局は、九州屈指の強豪チームであり、南海で投手として活躍した野母得見、のち交通局の監督となる入部久男(巨人)などのプロ選手を輩出。鵜狩は鹿児島市交通局のエースとして九州では名前の知られた投手だった。

 1年目は1軍昇格はなく、2年目の1956年に1軍で初めて登板したが、この年の西鉄には争奪戦の末に獲得した畑隆幸に加え、稲尾和久という大物新人投手が入団。特に稲尾はいきなり21勝するなど大活躍、さらに西村、島原、河村と有力投手がひしめいており、鵜狩の出場機会は少なかった。

 しかし179センチと当時としては大型で、練習では剛速球を投げて大器の評価が高かった。

 鵜狩は翌1957年には救援を中心に18試合に投げ、防御率2.41と好投を見せたが、このオフに広島に移籍が決まった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」