野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本先制許す 野尻がファウルフライ落球→直後に適時打浴びる

宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、休養日を挟んで大会4日目を迎え、決勝進出をかけたスーパーラウンドが始まった。大会史上初となる2大会連続優勝を狙う侍ジャパンU-18代表は、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で18時からチャイニーズ・タイペイと対戦。先発マウンドには柿木蓮(大阪桐蔭)が上がった。

台湾戦に先発している侍ジャパンU-18代表・柿木蓮【写真:Getty Images】
台湾戦に先発している侍ジャパンU-18代表・柿木蓮【写真:Getty Images】

侍ジャパン打線は2回まで無安打

 宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、休養日を挟んで大会4日目を迎え、決勝進出をかけたスーパーラウンドが始まった。大会史上初となる2大会連続優勝を狙う侍ジャパンU-18代表は、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で18時からチャイニーズ・タイペイと対戦。先発マウンドには柿木蓮(大阪桐蔭)が上がった。

侍ジャパンU-18代表がアジア選手権3位入賞に込めた「次世代への思い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 痛い形で先制点を奪われた。2回だった。先頭のリン・イタが放った痛烈なゴロを、遊撃の小園海斗(報徳学園)が弾きヒットに。犠打で走者が二塁に進むと、リン・シェンイの打席でまさかのプレーが。2ボール2ストライクからの5球目を打ち上げたファウルフライを、一塁の野尻幸輝(木更津総合)が落球するエラー。柿木はその直後の6球目を左中間に弾き返され、これが適時打に。1点を先行された。

 さらに、続くタイ・ペイフォンにも右前安打を許したが、三塁を狙った走者を右翼の根尾昂(大阪桐蔭)が好送球で刺し、ピンチの拡大を阻止。なんとか、この回を1失点で凌いだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」