野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

台湾、左6人並ぶ日本に左腕先発 元南海の敵将「左打者が多いからね」

宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、大会4日目を迎え、決勝進出をかけたスーパーラウンドが行われた。大会史上初となる2大会連続優勝を狙った侍ジャパンU-18代表は、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でチャイニーズ・タイペイと対戦し、1-3で敗戦。オープニングラウンドから引き継がれた韓国戦の1敗を加えて2敗となり、決勝進出の可能性が消滅した。

日本戦に先発し好投した台湾U-18代表のワン・イェンチェン【写真:Getty Images】
日本戦に先発し好投した台湾U-18代表のワン・イェンチェン【写真:Getty Images】

先発のワンはわずか2安打1失点、102球で完投勝利

 宮崎市内で行われている「第12回 BFA U18アジア選手権」は7日、大会4日目を迎え、決勝進出をかけたスーパーラウンドが行われた。大会史上初となる2大会連続優勝を狙った侍ジャパンU-18代表は、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でチャイニーズ・タイペイと対戦し、1-3で敗戦。オープニングラウンドから引き継がれた韓国戦の1敗を加えて2敗となり、決勝進出の可能性が消滅した。

アジアで勝つために―育成のスペシャリストが侍ジャパンU-18代表の戦いに見た、課題と収穫(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2連勝となり、スーパーラウンド1試合を残して決勝進出を決めたチャイニーズ・タイペイ代表。会心の勝利を飾った試合後、元南海の外野手だったリ・ライファ監督は「日本はいいチームだった。今日はウチの投手が良く投げてくれた。守りも良く守って、精一杯戦ってくれた」と、102球で1失点完投勝利を飾った先発の左腕ワン・イェンチェンを称賛した。

 思惑通りの快投だった。藤原恭大、根尾昂、中川卓也(いずれも大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)など、侍ジャパンU-18代表の中心打者の多くは左打者。この日組み替えた打線でも1番の藤原から6番の蛭間拓哉(浦和学院)まで6人左打者が並んでいた。「ちょっと、そこは考えていた。日本は左打者が多いからね」。“台湾の大谷翔平”と呼ばれ、最速155キロとも言われる右腕リ・チェンシュンらではなく、あえて左のワンを先発に指名した。

 これが見事にハマり、日本打線は大苦戦。4回に犠飛で1点を奪われたものの、ほぼ完璧に封じた。許した2本の安打も小園のセーフティーバントと、中堅と右翼のお見合いによる野尻の二塁打と、その中身はほぼノーヒットと言えるものだった。リ・ライファ監督は「木のバットは難しい。我々も中国戦と1-0だったし。我々はずっと木のバットで練習しているよ」とも語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」