野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

優勝した韓国に欠けていたスポーツマンシップ 監督「配慮が足らなかった」

宮崎市内で行われていた「第12回 BFA U18アジア選手権」は10日、大会最終日を迎えた。決勝戦では韓国と5大会ぶり2度目の優勝を目指したチャイニーズ・タイペイが激突。延長タイブレークにもつれ込む大激戦の末、韓国が7-5で勝利を収め、2大会ぶり5度目の優勝を掴んだ。5度の優勝は日本と並び最多タイとなった。

試合後、韓国ナインはペットボトルをグラウンド上に次々と放り投げた【写真:福谷佑介】
試合後、韓国ナインはペットボトルをグラウンド上に次々と放り投げた【写真:福谷佑介】

白熱の決勝を延長10回タイブレークで制する

 宮崎市内で行われていた「第12回 BFA U18アジア選手権」は10日、大会最終日を迎えた。決勝戦では韓国と5大会ぶり2度目の優勝を目指したチャイニーズ・タイペイが激突。延長タイブレークにもつれ込む大激戦の末、韓国が7-5で勝利を収め、2大会ぶり5度目の優勝を掴んだ。5度の優勝は日本と並び最多タイとなった。

「今回の大会の経験を糧に」―侍ジャパンU-18代表、5位で終えたW杯で手にしたもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 侍ジャパンU-18代表が中国と戦った3位決定戦から約2時間半後、韓国とチャイニーズ・タイペイによる決勝戦は序盤から大激戦となった。チャイニーズ・タイペイが先制すると、すぐさま韓国が同点、そして勝ち越し。再びチャイニーズ・タイペイが逆転し、韓国が同点に。一進一退の攻防は9回で決着がつかず、延長タイブレークにまでもつれ込んだ。

 結果的には延長10回に2本のスクイズと相手守備陣の乱れなどで4点を挙げた韓国が、その裏のチャイニーズ・タイペイの反撃を2点に凌いで逃げ切り勝ち。白熱の接戦を制してアジアの頂点に立ったのだが、決勝を戦った両チームともに実力はハイレベルだった。

 チャイニーズ・タイペイの先発はリ・チェンシュン。“台湾の大谷”と称される16歳は3回途中で降板したものの、最速150キロをマークするなど、前評判に違わぬポテンシャルの高さを伺わせた。韓国の4番キム・デハンは、この右腕の150キロを弾き返し、逆方向の右翼スタンドにソロ本塁打を叩き込んだ。韓国の3番手ソ・ジュンウォンは右サイドハンドで最速152キロを記録。チャイニーズ・タイペイの打者もこれを弾き返し、安打を放った。

 どちらも高いレベルにあることを感じさせる一戦。侍ジャパンU-18代表は5日には韓国、7日にはチャイニーズ・タイペイに敗れているが、確かにこの日の戦いを見ると、韓国とチャイニーズ・タイペイの力は、侍ジャパンU-18代表と互角以上にあったと言える。

 決勝を制した韓国は、やはり強かった。その戦いぶりは賞賛するに値する。心から拍手を送りたいと思えるほど、白熱し、緊迫した試合を見せてくれた。だからこそ、最後の最後に残った後味の悪さが残念でならなかった。

 2点リードの延長10回2死満塁、一打同点の場面で韓国の5番手キム・キフンは、チャイニーズ・タイペイの7番ダイ・ペイフォンをフルカウントから空振り三振に斬って取った。2大会ぶり5度目の頂点に立つと、一気に歓喜の輪が出来上がり、ナインたちはペットボトルの水をかける“ウォーターシャワー”で喜びを爆発させた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」