野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

吉田輝星が得た大きな財産 感じた“仲間との差”と新たな収穫

10日まで宮崎市内で行われていた「第12回 BFA U18アジア選手権」。2大会連続での優勝を狙った侍ジャパンU-18代表はオープニングラウンド第3戦で韓国に、スーパーラウンド初戦でチャイニーズ・タイペイに相次いで敗れて決勝進出を逃した。3位決定戦で中国に圧勝し、3位以内に与えられる、来年に韓国・釜山で行われる「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」の出場権こそ掴んだものの、悔しい結果に終わった。

侍ジャパンU-18代表に選出されていた吉田輝星【写真:荒川祐史】
侍ジャパンU-18代表に選出されていた吉田輝星【写真:荒川祐史】

韓国戦、チャイニーズ・タイペイ戦で2つの黒星

 10日まで宮崎市内で行われていた「第12回 BFA U18アジア選手権」。2大会連続での優勝を狙った侍ジャパンU-18代表はオープニングラウンド第3戦で韓国に、スーパーラウンド初戦でチャイニーズ・タイペイに相次いで敗れて決勝進出を逃した。3位決定戦で中国に圧勝し、3位以内に与えられる、来年に韓国・釜山で行われる「第29回 WBSC U-18ワールドカップ」の出場権こそ掴んだものの、悔しい結果に終わった。

甲子園中止の影響は…? 元U-18代表コーチが語る“冬の国際大会”の戦い方(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今大会で喫した2つの黒星。この試合で、ともに敗戦投手となったのが、吉田輝星(金足農)だった。金足農を秋田県勢として103年ぶりの決勝に導き、甲子園準優勝に輝いた吉田。今大会では大きな注目と期待を集めることとなったが、吉田自身は悔しさばかりが残る結果となった。

 大会初登板となった5日の韓国戦では初回に3ランを浴び、結果的にこれが決勝点。2回以降は無失点投球を続けたが、味方打線も援護できなかった。7日のチャイニーズ・タイペイ戦は4回から柿木蓮(大阪桐蔭)のあとを受けて2番手で登板。その代わりばなの4回に2点を失い、またしても打線が反撃できなかった。

 本人は甲子園での疲労を否定していたが、それでも、やはり本調子ではなかったように思われる。灼熱の甲子園で800球以上を投げた疲れは、本人が思っている以上に深いはずだ。チャイニーズ・タイペイ戦後、雨による2日間の中止があったが、この間、吉田の練習メニューは、ストレッチなどのリカバリーメニューばかりだった。

 本人は登板への意欲を見せていた3位決定戦の中国戦でも、試合前の練習では他の投手陣からは離れてストレッチなどを行っており、当初から登板する予定はなかったのだろう。未来ある投手だけに、賢明な判断だった。中国戦を終えると「2試合ともダメな投球をしてしまって、取り返そうと思っていたんですけど、そういう機会がなくなってしまった。自分は未来を向いて次のステージでこの2試合をしっかり取り返せるように頑張って行こうと思っています」と、吉田は未来に視線を向けていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」