野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

岩隈久志にマリナーズが惜別メッセージ 名シーンを振り返る特別映像も公開

今季限りでの退団が決定した岩隈久志投手に対して、マリナーズが球団公式ツイッターで感謝のメッセージを掲載。活躍を振り返る特別映像も公開し、ファンからも惜別の声が上がっている。

今季限りでの退団が決定した岩隈久志【写真:Getty Images】
今季限りでの退団が決定した岩隈久志【写真:Getty Images】

今季限りでの退団が決定「ありがとう、クマ」

 今季限りでの退団が決定した岩隈久志投手に対して、マリナーズが球団公式ツイッターで感謝のメッセージを掲載。活躍を振り返る特別映像も公開し、ファンからも惜別の声が上がっている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 マリナーズは11日(日本時間12日)に岩隈の退団を発表。米メディアは、右腕が日本球界に復帰すると伝えた。本人も自身のブログで「最高の思い出ばかりの7年間でした」などと日本語と英語でマリナーズへの感謝の思いを綴り、スコット・サービス監督は「彼は最高だ」と惜別の思いを明かしていた。

 一夜明けた12日(同13日)、マリナーズは2015年のノーヒットノーラン達成を中心に、岩隈の名シーンを振り返る特別映像を公式ツイッターで公開。「ありがとう、クマ。マリナーズで7年間プレーし、ヒサシ・イワクマは日本へと戻る」とメッセージを添えた。

 ファンからは、「クマ、僕は君のプレーする姿を見れなくなって寂しく思うよ。君の人生に幸あれ」「日本でも幸運を祈ってるよ、クマ」「クマの成功を祈っているよ。彼はチームにとってのエリートな投手だった」「クマに幸あれ! 君のプレーを見て本当に楽しめたよ!」などと岩隈への惜別の声が次々と上がっている。

 今季はリハビリが長引いてメジャーのマウンドに立てていないものの、岩隈は昨季までの6年間で通算150試合に登板し、63勝39敗、防御率3.42の成績をマーク。2年目の2013年は33試合登板で14勝6敗、防御率2.66。219回2/3を投げて、サイ・ヤング賞投票でマックス・シャーザー(当時タイガース)、ダルビッシュ有(当時レンジャーズ)に次ぐ3位に入った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」