野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武球団主催の車椅子ソフトボール大会開催 普及活動とパラ採用を目指す

9月1、2日の2日間、埼玉・大宮第二公園多目的広場で第4回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会が行われた。西武は野球振興の一環として、2015年から大会を主催。球団公認チーム「埼玉A.S.ライオンズ」を立ち上げるなど車椅子ソフトボールの普及活動に力を注いでいる。

大宮第二公園多目的広場で第4回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会が行われた【写真:武山智史】
大宮第二公園多目的広場で第4回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会が行われた【写真:武山智史】

体験会には女子プロ野球選手も参加

 9月1、2日の2日間、埼玉・大宮第二公園多目的広場で第4回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会が行われた。西武は野球振興の一環として、2015年から大会を主催。球団公認チーム「埼玉A.S.ライオンズ」を立ち上げるなど車椅子ソフトボールの普及活動に力を注いでいる。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 初日は参加6チームを2つに分けた予選リーグとトーナメント準決勝までが行われたが、2日目は朝から強い雨が降る悪天候に。開催も危ぶまれたが9時過ぎから雨が弱まり、大会本部は開催に踏み切った。

 2つのコートでは、片方で横浜ガルス対北海道Brave Fightersの5位決定戦。もう一方では一般向けの車椅子ソフトボール体験会が行われた。参加者は車椅子に乗りながらキャッチボールやバッティングを楽しんだ。

 埼玉西武と同じく埼玉を本拠地とする女子プロ野球チーム・埼玉アストライアの山崎まり選手も体験会に参加。「野球とは違った面白さがあります」と車椅子ソフトを体験した感想を語った。バッティング体験では、その様子をネット裏から見守っていた西武の居郷肇球団社長が急きょ参加する場面も。法政大-プリンスホテルと名選手で鳴らした居郷氏は、現役時代さながらのバッティングを披露していた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」