野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、5月の敵地“特大弾”は伝説!? 同僚「クレイジー」飛距離“180M説”も…

大谷、5月の敵地“特大弾”は伝説!? 同僚「クレイジー」飛距離“180M説”も…

エンゼルスの大谷翔平投手は今季2度目のア・リーグ週間MVPに選出されるなどの活躍で、米メディアからは新人王有力候補の声も高まっている。二刀流の男はメジャー1年目から様々な逸話を残しているが、5月8日(日本時間9日)の敵地ロッキーズ戦の舞台クアーズ・フィールドで刻んだ“大谷伝説”もその一つだ。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地ロッキーズ戦前の特大弾は「人生で見た最も信じられないフリー打撃」

 エンゼルスの大谷翔平投手は今季2度目のア・リーグ週間MVPに選出されるなどの活躍で、米メディアからは新人王有力候補の声も高まっている。二刀流の男はメジャー1年目から様々な逸話を残しているが、5月8日(日本時間9日)の敵地ロッキーズ戦の舞台クアーズ・フィールドで刻んだ“大谷伝説”もその一つだ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 大谷はロッキーズ戦前のフリー打撃で、伝説の大飛球を放った。標高1600メートルの高地に位置し、「マイルハイ」と呼ばれるロッキーズの本拠地クアーズ・フィールド。気圧が低いため打球の飛距離が出やすいとされるが、大谷はここで柵越えを連発した。バッティングピッチャーが投じる、そこまでスピードのないボールを次々にスタンドに打ち込む。右翼スタンド3階席まで届く、飛距離約150メートル超という超特大弾もあった。

 この圧巻の“パフォーマンス”は当時、米国でも大きな話題に。米メディア「デッドスピン」では「オオタニの伝説的なフリー打席の物語。目撃者の証言」と特集を組んでいた。その中で、エンゼルスのエリック・ヒンスキー打撃コーチが伝説の一発を目撃して思わず「オー・マイ・ゴッド! あれは今までの人生で見た最も信じられないフリー打撃だったよ」と口走ったことを紹介している。

 ロッキーズOBで西武でもプレーした元外野手のライアン・スピルボーグス氏も当時、「基本的にあそこまでボールが飛んだのを見たことがない」と証言していた。大谷の打撃が直撃した球場の鉄柱にはボールの跡が……。まさに“伝説的”なフリー打撃だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」