野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、自身最速183キロ弾丸打球も好守に阻まれる 米記者「女神は微笑まず」

大谷、自身最速183キロ弾丸打球も好守に阻まれる 米記者「女神は微笑まず」

エンゼルス大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、「4番・DH」で先発出場した本拠地マリナーズ戦で、第2打席に痛烈な遊撃ゴロを放った。MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によれば、打球速度は自身メジャー最速の114マイル(約183キロ)。目の覚めるような強烈な打球だったが、相手好守に阻まれ「H」は灯らなかった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

名手ゴードンが逆シングルでヒット奪う

 エンゼルス大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、「4番・DH」で先発出場した本拠地マリナーズ戦で、第2打席に痛烈な遊撃ゴロを放った。MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」によれば、打球速度は自身メジャー最速の114マイル(約183キロ)。目の覚めるような強烈な打球だったが、相手好守に阻まれ「H」は灯らなかった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 0-6での4回1死一塁で迎えた第2打席。マリナーズ先発右腕マイク・リークが1ボールから投じた2球目88マイル(約142キロ)スプリットをバットが捉えた。痛烈な打球は三遊間を破ってレフト前に抜けるかと思われたが、マリナーズの遊撃を守るディー・ゴードンが好反応。逆シングルで打球を掴むと、バックハンドで二塁にトスし、一塁走者をアウトにした。

 この時、大谷の打球速度は114マイルを記録。MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」を担当するデービッド・アドラー記者のツイッターによれば、これは大谷がメジャーで記録した最速打球。ヒットになってもおかしくない打球だったが、ゴードンに阻まれ「今日はショウキャストの女神は微笑まなかった」と伝えた。

 9月はここまで出場した8戦のうち7戦でヒットを記録している大谷。第3打席以降の快音に期待したい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」