野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2000安打の偉業達成間近 福浦和也を奮い立たせる20年前のロッテファンの姿

9月9日に背番号「9」が躍動した。メットライフドームでの埼玉西武戦。2回に回ってきた1打席目に中前打を放つと4回の第2打席。打球は大きな弧を描き、マリーンズファンの待つライトスタンドへと消えていった。

9月9日の西武戦で今季1号を放ったロッテ・福浦和也【画像提供:(C)PLM】
9月9日の西武戦で今季1号を放ったロッテ・福浦和也【画像提供:(C)PLM】

3年半ぶりのアーチも「完璧ではなかった」

 9月9日に背番号「9」が躍動した。メットライフドームでの埼玉西武戦。2回に回ってきた1打席目に中前打を放つと4回の第2打席。打球は大きな弧を描き、マリーンズファンの待つライトスタンドへと消えていった。

【PR】「DAZN」ならロッテ戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「完璧ではなかった。バットのちょっと先。ファウルか、外野の頭を越えるかなという感じだったね」

 本人の手応えとは違い、ベンチもスタンドも打った瞬間に確信できる一発だった。福浦和也内野手が本塁打を放ったのは、2015年4月9日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で東明から1試合2発を放って以来。実に3年半ぶりのアーチだ。久々の感触を噛みしめるように悠然とダイヤモンドを1周した。

 1打席目は初球のスライダーを見逃し、ストライク。2球もスライダーを空振り。そして3球目。再びスライダーにバットを合わせると打球は中前に飛んで行った。2打席目。初球はシンカー系のボール球。この直後、狙いを定めた。

「1打席目が3球スライダー。2打席目は初球がシンカー系の球。4球連続で変化球だったから、次こそはストレートと狙いを定めていた。うまくバットにボールを乗せることができたね」

 25年の歳月で研ぎ澄ませてきた読み通りだった。投じられたインコースへの143キロのストレートにバットを合わせ、ボールを乗せた。ライトポール際にスッと吸い込まれていく芸術的なアーチだった。

 42歳8か月の福浦が対戦をした相手先発は20歳4か月の今井達也投手。実に年の差22歳だった。周囲は年の差対決を好奇の目で見るが、本人はその質問を静かに遮る。

「相手はプロ。こちらもプロ。ただそれだけ。年の差なんて全く関係ない。いい球を投げていた。だからこっちもなんとか打ち返そうと必死。年の差なんて考えることもできなかったよ」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」