野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム栗山監督が地震後初の本拠試合に意欲「北海道の皆さんと一緒に戦っている」

日本ハムは14日、札幌ドームでオリックスと対戦する。6日未明の北海道胆振東部地震後初の本拠地での試合。試合前には栗山英樹監督、中田翔主将、中島卓也選手会長らが募金活動を行った。

14日、札幌ドームでは両チームの監督と選手らが募金活動を行った【写真:石川加奈子】
14日、札幌ドームでは両チームの監督と選手らが募金活動を行った【写真:石川加奈子】

試合前には栗山監督、中田、中島らが募金活動

■日本ハム – オリックス(14日・札幌ドーム)

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 日本ハムは14日、札幌ドームでオリックスと対戦する。6日未明の北海道胆振東部地震後初の本拠地での試合。試合前には栗山英樹監督、中田翔主将、中島卓也選手会長らが募金活動を行った。

 栗山監督は「まだまだ大変なのに、試合をやらせてもらう。何かをお届けできるようにしっかりやります」と力強く語った。

 9日の楽天戦以来試合から遠ざかっているが、言い訳にするつもりはない。「そんなことを考えてやる時じゃない。今までに以上に必死に向かって行く姿を見せなきゃ。ここで背中を見せなきゃ、プロの野球がある意味がない」と、がむしゃらに最後まで諦めずに戦う姿勢を貫く。

 グラウンドに立つ選手も思いは同じだ。「俺からもう何も言うことはない。選手たちは感じてくれている。中途半端なプレーや試合をするはずがない」と指揮官は選手への厚い信頼を口にした。

「北海道の皆さんと一緒に戦っていることは数字を見れば、どれだけ力を借りているかわかる」。25勝18敗2分と圧倒的な勝率を誇る本拠地で、奇跡の逆転優勝へ再スタートを切る。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」