野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武山川が38号2ラン、2位柳田に4差 先輩・中村以来7年ぶりの40本に「2」

西武の山高穂高内野手が14日の本拠地・楽天戦で初回に38号2ランを放った。

38号2ランを放った西武・山川【写真:荒川祐史】
38号2ランを放った西武・山川【写真:荒川祐史】

初回に楽天古川のスライダーをレフトへ運ぶ2ラン

■西武 – 楽天(14日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 西武の山高穂高内野手が14日の本拠地・楽天戦で初回に38号2ランを放った。

 西武は初回、浅村のタイムリーツーベースで先制。なおも1死二塁で打席に入った山川は、相手先発・古川のスライダーをレフトスタンドに運んだ。

 リーグトップを独走する38号。2位の柳田(34本)とは4本差とした。40本の大台まで「2」。パ・リーグ40号到達となれば、2011年の中村剛也(48本)以来となる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」