野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム清宮、代打で空振り三振 山岡と2度目の対決も「もう少し余裕を持って」

日本ハムのルーキー・清宮幸太郎内野手が15日、本拠地でのオリックス戦に代打で登場し、三振に倒れた。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

119キロのチェンジアップにタイミング合わず空振り三振

■オリックス 10-0 日本ハム(15日・札幌ドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 日本ハムのルーキー・清宮幸太郎内野手が15日、本拠地でのオリックス戦に代打で登場し、三振に倒れた。

 7点を追う7回2死一塁の場面で代打が告げられると、スタンドが沸いた。だが、オリックスの先発・山岡泰輔投手が投じたチェンジアップ2球で簡単に追い込まれる。カウント2-2から最後は119キロのチェンジアップにバットが空を切った。「いい球だったと思いますが、自分の力不足です」と冷静な口調で振り返った。

 8月30日に山岡と対戦した際には3打数無安打。チェンジアップを二ゴロ、直球を投ゴロ併殺打、チェンジアップを空振り三振という結果だった。「前回対戦していたので、もう少し余裕を持って立てたら良かった。まずは真っすぐをと思っていましたが、しょうがないです」。この日待っていた直球が来たのは、カウント0-2からインハイのボール球のみ。ほかの4球は全てチェンジアップだった。

 山岡を攻略できなかったのは清宮だけではない。日本ハム打線はわずか4安打で完封負け。「悔しいです」と話し、球場を後にした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」