野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神・藤浪が満塁本塁打! 2014年4月15日の広島戦以来、通算2本目のアーチ

阪神の藤浪晋太郎投手が、満塁本塁打を放った。16日、敵地・横浜スタジアムで行われたDeNA戦。この日先発した右腕は3回1死満塁で左翼スタンドへと飛び込むアーチをかけた。藤浪の本塁打は2014年4月15日の広島戦(マツダ)以来、通算2本目。

3回表に阪神・藤浪が満塁ホームランを放つ
3回表に阪神・藤浪が満塁ホームランを放つ

大山は1イニング2本塁打、2打席連発ソロ&2ラン

■DeNA – 阪神(16日・横浜スタジアム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 阪神の藤浪晋太郎投手が、満塁本塁打を放った。16日、敵地・横浜スタジアムで行われたDeNA戦。この日先発した右腕は3回1死満塁で左翼スタンドへと飛び込むアーチをかけた。藤浪の本塁打は2014年4月15日の広島戦(マツダ)以来、通算2本目。

 2-2の同点で迎えたこの回、1死から大山の7号ソロで勝ち越した阪神。その後1死満塁のチャンスを作ると、DeNA先発の今永が降板。代わった田中健から中谷、梅野が連続押し出し四球でさらに2点を加えると、なおも満塁で藤浪が打席に立った。

 2ボール1ストライクからの4球目、左腕が投じた141キロの真っ直ぐを捉えると、打球は左翼スタンドへ一直線。リードを7点に広げる1号グランドスラムとなった。阪神はさらに大山にも1イニング2本塁打目となる2ランが飛び出し、この回一挙に9点を奪い取った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」