野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • “公開謝罪”&ヤンキース贔屓の米名物記者も断言「オオタニが新人王」

“公開謝罪”&ヤンキース贔屓の米名物記者も断言「オオタニが新人王」

レギュラーシーズンは残り2週間となったメジャーでは、ペナントレースとともに賞レースの行方に大きな注目が集まる。日本人メジャーリーガーが関係してくる賞レースと言えば、エンゼルス大谷翔平投手が有力候補となるア・リーグ新人王争いだが、無類のヤンキース党としても知られる米名物記者が「ショウヘイ・オオタニがア・リーグ新人王」と高らかに宣言した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

長年メジャーを取材するブルーム記者が“二刀流”を高評価

 レギュラーシーズンは残り2週間となったメジャーでは、ペナントレースとともに賞レースの行方に大きな注目が集まる。日本人メジャーリーガーが関係してくる賞レースと言えば、エンゼルス大谷翔平投手が有力候補となるア・リーグ新人王争いだが、無類のヤンキース党としても知られる米名物記者が「ショウヘイ・オオタニがア・リーグ新人王」と高らかに宣言した。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手を抑え、大谷こそ新人王に輝くと断言したのは、米経済誌「フォーブス」のバリー・ブルーム記者だ。開幕前は、大谷は投手として「5勝8敗」、打者として「ホームランは5本未満」と辛口予想を立てていたが、開幕するや否や、自身の見立てが誤っていたと“公開謝罪”。今では大谷の実力を誰よりも認める1人となった。

 生粋のヤンキース党でも知られる同記者だが、「ヤンキースで素晴らしいシーズンを過ごすグレイバー・トーレスとミゲル・アンドゥハーに最大限の敬意を払った上で」、なおかつ大谷こそ新人王だと言い切っている。その理由は、1世紀前のベーブ・ルース以来初となる二刀流選手として成し遂げた功績だという。

 記事では、大谷は右肘内側側副靱帯を損傷しながら、1919年のルース以来初めて、1シーズンで50回以上を投げ250打席以上に立った選手になったことを紹介。さらに、エンゼルスのマイク・ソーシア監督が「トーレスは今季何イニング投げたのか知らないな。あれ、トーレスは投げたか?」と話し、大谷の二刀流がいかに特別なことであるか強調し、「彼こそNO1だ」としたと伝えている。

 投手だけではなく、また打者だけでもなく、投打で類い稀なる才能と可能性を見せつけた大谷。それぞれ規定投球回や規定打席には到達こそしていないが、近年では例を見ない働きがどう評価されるのか注目だ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」