野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス逆転勝ちも福良監督は先発松葉に苦言 「内容が今日も同じ」

オリックスは18日、本拠地で行われた楽天戦を5-3で勝利。3点を追う3回に打線が6連打で一挙5点を奪い逆転に成功した。福良監督は「いい攻撃ができた。すぐに反撃できたのも大きかった」と打線を称えていた。

オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良監督【写真:荒川祐史】

打線は3回に6連打で5点を奪い逆転に成功

■オリックス 5-3 楽天(18日・京セラドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 オリックスは18日、本拠地で行われた楽天戦を5-3で勝利。3点を追う3回に打線が6連打で一挙5点を奪い逆転に成功した。福良監督は「いい攻撃ができた。すぐに反撃できたのも大きかった」と打線を称えていた。

 ワンチャンスをものにした。3点を追う3回。先頭の若月が三塁打で出塁すると、続く宗の左前適時打で1点を返すと、福田のタイムリー三塁打、ロメロの中前適時打で同点に追いついた。さらに1死満塁からT-岡田が2点適時打を放ち勝ち越しに成功した。

 奪った得点は3回の5点のみだったが集中打を見せた打線に「いい攻撃ができた。1から5番まではいい状態が続いている」と称賛。勝ち越し打を放ったのは最近はベンチスタートが続いていたT-岡田。9月初タイムリーとなった1本に指揮官は「良い所で打ってくれた。これで変わってくれれば」と復調に期待した。

 先発の松葉は5回4安打3失点で降板。続投は全く頭になかったようで「中継ぎ陣を信頼しているので。(松葉は)内容が今日も同じ、四球のあとの初球をね」と厳しい口調。3回に山崎に浴びた走者一掃のタイムリーに苦言を呈していた。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」