野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平にかかる“珍記録”「1人で他の投手の…」 MLB公式が特集

大谷翔平にかかる“珍記録”「1人で他の投手の…」 MLB公式が特集

打つたびに何かしらのMLB記録を更新し続けているエンゼルス大谷翔平投手が、またひとつ珍しい記録に近づいていることが明らかになった。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

現在大谷以外の投手のシーズン本塁打は計21本、あと2発で…

 打つたびに何かしらのMLB記録を更新し続けているエンゼルス大谷翔平投手が、またひとつ珍しい記録に近づいていることが明らかになった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 MLB公式動画サイト「Cut4」が、今シーズン終盤に焦点となる個人記録を特集した記事で、大谷には「他のMLB投手全員の打った総本塁打数を1人で上回る」という記録がかかっていると伝えた。19日(日本時間20日)の敵地アスレチックス戦は3打数1安打だった大谷は現在20本塁打を放っているが、MLBの他の投手が今シーズン放った本塁打の総数は21本。つまり、大谷があと2本塁打を放てば、他の投手全員が放った本塁打より多くなるということだ。

 記事では、大谷がナ・リーグ新人王争いの有力候補、ファン・ソト(ナショナルズ)と同じ20本塁打でありながら、20号を打つのにかかった打席数はソトより120以上少ないことに言及。「18日(同19日)の試合前の段階で、(大谷が)14~15打席に1本の頻度で本塁打を放っていることを考慮すると、シーズン終了時点には楽々と上回っているはずだ」としている。

 大谷の次に投手で今季本塁打を多く打っているのは、レッズの救援右腕マイケル・ローレンゼン。6月30日のブルワーズ戦で代打満塁弾を放つなど4本塁打を放っていることも、記事では紹介している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」