野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ石川が悪天候の中で5回6失点「感じは良かった」と手応えも6敗目

肩の不調に加え、2軍調整中に捻挫のアクシデントも加わり、52日ぶりの1軍登板だったロッテ石川歩投手は、21日の西武戦(ZOZOマリン)で5回7安打6失点(自責5)、106球で降板。今季6敗目(9勝)を喫した。

西武戦に先発したロッテ・石川歩【画像:(C)PLM】
西武戦に先発したロッテ・石川歩【画像:(C)PLM】

52日ぶりの1軍マウンドで連敗を止められず

■西武 7-4 ロッテ(21日・ZOZOマリン)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 肩の不調に加え、2軍調整中に捻挫のアクシデントも加わり、52日ぶりの1軍登板だったロッテ石川歩投手は、21日の西武戦(ZOZOマリン)で5回7安打6失点(自責5)、106球で降板。今季6敗目(9勝)を喫した。

 試合前からの雨でグラウンドはぬかるみ足場の悪いマウンドで、初回先頭の秋山に142キロ速球を中前打とされる。源田に死球で無死一、二塁とすると、3番の浅村は一ゴロに打ち取ったが、続く山川の打球を左翼・角中が目測を誤り、頭上を越される先制タイムリー二塁打とされるなどツキもなかった。2死から中村にも左中間を破られて初回だけで3失点。2回には先頭・金子侑を歩かせ、秋山、源田の連打に中継ミスも重なり、2点を加えられた。

 それでも3回は立ち直って3者凡退。4回は浅村に三遊間を破る適時打で6点目を献上したが、5回は森を144キロ速球で見逃し三振に仕留めた。清水直投手コーチは「球の力は戻っている。期待できる」と語るなど、4度目の2桁勝利へ、残り試合に期待を持たせた。

 石川は「コンディションは相手も同じことなので何もありません。感じは良かったので6点取られたけど、そんな感じがしない。また次に向けてしっかり調整していきたい」とコメントし、次回に向けて手応えを掴んだようだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」