野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス大竹がマウンドで投球練習で自信「腕が振れて自然と低めにいった」

ソフトバンクの大竹耕太郎投手が21日、ヤフオクドームのマウンドを使って投球練習を行った。前回の西武戦で2回をもたずにKOされた反省を踏まえ、しっかりと腕を振ることを意識して投げ込んだ。

21日、ヤフオクドームで練習を行ったホークス・大竹耕太郎【写真:藤浦一都】
21日、ヤフオクドームで練習を行ったホークス・大竹耕太郎【写真:藤浦一都】

工藤監督の指導に感謝「同じ左投手にしかわからないことある」

 ソフトバンクの大竹耕太郎投手が21日、ヤフオクドームのマウンドを使って投球練習を行った。前回の西武戦で2回をもたずにKOされた反省を踏まえ、しっかりと腕を振ることを意識して投げ込んだ。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 16日の西武戦では球がことごとく高めにいき、2回途中8失点でプロ初黒星を喫した。その反省もあって、この日は「『低めに投げよう』ではなく、しっかりと腕を振ることで結果的に低めにいくように。今まではそれができていたはずなので」と、高低よりもコースを狙って投げていったという。練習後は「腕が振れて自然と低めにいった」と、大竹本人も手応えを感じていたようだ。

 工藤監督から投球に関してだけでなく、ランニングフォームについても指導を受けた。「走る時の右足の使い方を指導されました。投手は走り込みが大事ですが、走ることもピッチングに生かせるように、と。同じ左投手にしかわからないこともあるので」と指揮官のアドバイスに感謝していた。

 前回の首位決戦に続いて、23日の上位決戦での先発が濃厚。悔しい思いを繰り返さないように、この日つかんだ手応えを結果へとつなげていきたい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」