野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ福浦、来季も現役続行宣言! 2000本安打達成でも「来年もやるつもり」

ロッテの福浦和也内野手が22日、本拠地で行われた西武戦で史上52人目の通算2000本安打を達成した。ロッテでは榎本喜八、有藤道世に次ぐ3人目。プロ25年目、42歳で偉業を達成したベテランは試合後の記者会見で「正直2000本、厳しいと思っていた。ここまでやれると思ってなかった。野球を続けさせてくれた球団に感謝したい」と安堵の表情を見せた。

2000本安打を達成し記念撮影を行うロッテ・福浦和也【写真:細野能功】
2000本安打を達成し記念撮影を行うロッテ・福浦和也【写真:細野能功】

印象に残る1本は「やっぱり今日ですかね」

 ロッテの福浦和也内野手が22日、本拠地で行われた西武戦で史上52人目の通算2000本安打を達成した。ロッテでは榎本喜八、有藤道世に次ぐ3人目。プロ25年目、42歳で偉業を達成したベテランは試合後の記者会見で「正直2000本、厳しいと思っていた。ここまでやれると思ってなかった。野球を続けさせてくれた球団に感謝したい」と安堵の表情を見せた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 歓喜の瞬間は8回。先頭で迎えた第4打席で右翼線へ二塁打を放ち通算2000本安打を達成。最終打席で打った節目の1本に「何とかあの打席で決めたい気持ち、1打席目で決めたい気持ちもあったが何とか決められてよかった」と笑顔を見せた。

 同期入団で同い年の西武・松井稼頭央からも祝福の花束を受け「同期入団でやってきて最年長野手でやってきたので、同級生の前で決めたいという思いあった。喜びも倍増でした」と語った。

 プロ初安打は1997年7月5日のオリックス戦。初安打を放った思い出深い本拠地で節目の2000本安打を放ち「ファンの2000本という期待のために気持ち、気力ということでやってきた」と感謝を口にした。

 2000本の中で印象に残る1本を問われると「やっぱり今日ですかね。今日は僕の中でホッとした。(プロ初安打の)2打席目でヒット打った時もそうでしたが、今日これだけ皆が喜んでくれた」と語った。

 また、会見終盤には「来年もやるつもりでいます」とプロ26年目に向け現役続行宣言も飛び出した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」