野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ連敗、24日にもCS完全消滅 終盤の反撃に福良監督「いい粘りは…」

オリックスは2連敗で、3位日本ハムとの差が9ゲームに開いた。22日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。先発の山岡が3回までに4点を失って劣勢に立たされ、終盤の反撃も及ばなかった。試合後、福良淳一監督は「いい粘りは見せてくれた。(宗の)本塁打の後からは何とかしようというのが見えた」と語った。

オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】
オリックス・福良淳一監督【写真:荒川祐史】

先発の山岡は3回までに4点を失い、6回途中で降板

■ソフトバンク 6-4 オリックス(22日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスは2連敗で、3位日本ハムとの差が9ゲームに開いた。22日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。先発の山岡が3回までに4点を失って劣勢に立たされ、終盤の反撃も及ばなかった。試合後、福良淳一監督は「いい粘りは見せてくれた。(宗の)本塁打の後からは何とかしようというのが見えた」と語った。

 山岡が2回、苦手としている甲斐に適時二塁打を許して先制点を与えると、9番の高田にも適時打を打たれた2失点。3回には走者を背負ってから、デスパイネに2ランを浴びた。6回には上林の二塁打で走者を背負って、再び甲斐に適時二塁打。5回2/3で降板となり、10安打5失点でノックアウトされた。

 西勇輝と並び両リーグ通じてワーストタイとなる12敗目となった山岡。指揮官は「(走者を背負ってからは)アイツの課題でもありますけどね。足を大きく上げた時はいいボールが行くんですけどね。背負ってからが山岡にとって今後の課題」と話していた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」