野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹キューバ砲揃い踏みに工藤監督も最敬礼 「打って欲しいところで打ってくれた」

終盤に追い上げられたものの、最後は森唯斗が粘られながらも3人で片づけて勝利をものにした。3回にはデスパイネが復帰後初となる2ラン、1点差になった8回にはグラシアルが貴重なソロ弾を放つなど、キューバ砲が揃い踏み。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

上位2チームも勝利「対戦するチームに勝っていくだけ」

■ソフトバンク 6-4 オリックス(22日・ヤフオクドーム)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは22日、本拠地オリックス戦を6-4勝利して4連勝。デーゲームで西武、日本ハムが勝利した中、絶対に負けられない試合をしっかりとものにした。

 終盤に追い上げられたものの、最後は森唯斗が粘られながらも3人で片づけて勝利をものにした。3回にはデスパイネが復帰後初となる2ラン、1点差になった8回にはグラシアルが貴重なソロ弾を放つなど、キューバ砲が揃い踏み。

 工藤公康監督は「2人とも打って欲しいところでよく打ってくれました。どちらも今日のゲームの中では大きなホームラン」と2人の一発を称賛した。さらにデスパイネについて「変化球をしっかり前でさばいた。2点取った後だけに大きなホームランでした」と語り「あそこで1点でも欲しいところ。次のピッチャーにとって勇気づけられるホームランでしたし、彼にとっても大きなホームランだったと思います」グラシアルの一発にも賛辞を贈った。

 2本のタイムリー二塁打を放った甲斐拓也にも「いいリードしてくれたし、いいバッティングもしてくれた。山岡くんに8打数6安打ですか。もう相性と言ってはいけないくらいいいバッティングでしたね」とニッコリ。12勝目の千賀滉大については「失投のないピッチャーはいない」と7回の3ラン被弾をかばいながら「粘って投げていた。1週間前の雪辱ができたんじゃないかな。この感じで投げれば大丈夫というものをつかんでくれたと思います」と合格点を与えた。

 デーゲームで西武と日本ハムが勝利していたが「たぶん選手も知っていたと思いますが、僕たちは自分たちが対戦するチームに勝っていくしかない。毎日、目の前の試合にしっかり勝っていくしかないんです」と語った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」