野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンク森が31セーブ目 タイトル視野に入るも「気にしてない」

ソフトバンクの森唯斗投手が22日のオリックス戦で今季31セーブ目を挙げた。リーグトップのオリックス・増井浩俊に1セーブ差に迫ったが「気にしてないです」と素っ気なく語った。

ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】

終盤の連投もいとわず「12連投? いきましょう」

■ソフトバンク 6-4 オリックス(22日・ヤフオクドーム)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ソフトバンクの森唯斗投手が22日のオリックス戦で今季31セーブ目を挙げた。リーグトップのオリックス・増井浩俊に1セーブ差に迫ったが「気にしてないです」と素っ気なく語った。

 2点リードの9回にマウンドに上がった森は、オリックスの打者に粘られて27球を投げた。それでも3者凡退に抑えてチームを4連勝に導いた。「粘られてもしっかり抑えられたのは自分の中でもプラス」と手応えを口にした。

 初のセーブ王のタイトルも視野に入ってきたが「気にしてないです。取れるに越したことはないけど、気にしたら自分のピッチングがおかしくなるんで。シーズンが終わって取れてたらいいな、というくらい」と無関心。

 この日で4試合連続登板となったが「(試合がない)月曜日とかを挟むと、僕としては連投とは考えてないんです」と、前日の移動日で連投カウントはゼロに戻したようだ。来週後半からは12連戦が待ち受けているが「12連投? いきましょう」と笑いながらも、最後は「いや、(チームが)勝ってたらいくしかないし、僕も投げたいです」と言い切った。現実的には無理な話としても、その言葉には守護神としての意気込みが表れていた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」