野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、米メディアが選ぶMLBの話題トップ10選出 「衝撃的で信じられない」

大谷翔平、米メディアが選ぶMLBの話題トップ10選出 「衝撃的で信じられない」

メジャーリーグはシーズンが終盤を迎えポストシーズンを見据えるチーム、そしてタイトル争いも佳境に入ってきた。エンゼルスの大谷翔平投手もヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレスらと新人王を争っている。そんな中、米メディアは今シーズン話題トップ10を特集。二刀流ルーキーも名を連ねている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤンキース・アンドゥハーらとの新人王争いも佳境に入った

 メジャーリーグはシーズンが終盤を迎えポストシーズンを見据えるチーム、そしてタイトル争いも佳境に入ってきた。エンゼルスの大谷翔平投手もヤンキースのミゲル・アンドゥハー、グレイバー・トーレスらと新人王を争っている。そんな中、米メディアは今シーズン話題トップ10を特集。二刀流ルーキーも名を連ねている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 大谷はここまで打者として打率.285、20本塁打、55打点、9盗塁の活躍を見せ、投手としても4勝2敗、防御率3.31の成績を残している。右肘靭帯のケガもあり投手としての出場はなくなったが二刀流を実現した日本人ルーキーを高く評価したのは米スポーツ専門局「ESPN」だった。

 分析原稿に定評のあるデビッド・スコーエンフィールド記者は「私の好きな2018年のMLBの話題」と見出しを付け10選手を紹介。その中で投打の二刀流で全米を驚愕させた大谷を選出し「衝撃的で信じられないくらいだった。今までに見たことないことだった」と称賛している。

 記事ではシーズン序盤に二刀流を実現させたが右肘靭帯のケガで離脱したことを言及。それでも打者として復帰してから快音を連発させる大谷に「彼は復帰し、更にもっと打ち始め、センターとレフトセンターに大きなパワーを見せた。彼の平均初速はメジャー9位である(100球以上のインプレイの打球がある選手の中で)」と、打者としてトップクラスの数字を残していることを紹介している。

 大谷は今季終了後にトミー・ジョン手術を行う可能性があり、エンゼルスのマイク・ソーシア監督はすでに来季は投手としての出場がないことを明言している。

 周囲は二刀流を続けたことで負担が大きくなりケガを負ったとする見方が多いが同記者は「二刀流としてプレーすることが、片方に専念する時と比べ、価値を最大化することにはならないのかもしれない。しかし、私はこの若者が上手くいかないとは思わない」と、再び大谷が二刀流で活躍する可能性を指摘している。

 また、大谷以外にはア・リーグMVPレース、アスレチックス好調の要因となったビリー・ビーンの最高の仕事、レイズの新しい“先発”戦略などが選出されている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」