野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井上が本塁打量産の秘密を激白! 「腹八分くらいの感覚で」

本塁打を量産する和製大砲がようやくロッテに現れた。昨季まで通算4本塁打だった井上晴哉内野手がついに目覚めた。ここまで4番に座り21本塁打をマークしチームを牽引している。一体、この男に何が起こったのか?

ロッテ・井上晴哉【写真提供:DAZN「野球ラボ」】
ロッテ・井上晴哉【写真提供:DAZN「野球ラボ」】

井口監督からは「あまりホームラン打とうと思うなよ」

 本塁打を量産する和製大砲がようやくロッテに現れた。昨季まで通算4本塁打だった井上晴哉内野手がついに目覚めた。ここまで4番に座り21本塁打をマークしチームを牽引している。一体、この男に何が起こったのか?

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 その秘密に迫っているのがDAZN「野球ラボ」。今回は「ブレイク・プレイヤー2018」と題し、勝負強い打撃、そして新のアーチストに変貌を遂げた井上がその理由を語っている。

 昨年までは長打に魅力がありながら粗い打撃で1軍に定着することができなかったが「ボール球を見送れるようになった、インコースを振り払えるようになった」と自身を分析。

 井口監督からの期待も大きく「あまりホームラン打とうと思うなよ」とアドバイスを受けたという。打席に中で心がけていることは「腹八分くらいの感覚で。この野郎という感じではなく、そのくらいの感覚でいいのかなと。落ち着いた気持ちになった」とブレイクに至った経緯を明かしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」