野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテがオリックスに2連勝 ドラ1ルーキー安田が2安打4打点と大活躍!

ロッテは24日、敵地でのオリックス戦に8-2と快勝し、2連勝を飾った。ドラフト1位ルーキーの安田尚憲内野手が2安打4打点と大活躍。2年目左腕の土肥星也投手も5回1失点と試合を作り、勝利に貢献した。

本日4打点目となるタイムリー二塁打を放ったロッテ・安田尚憲【画像:(C)PLM】
本日4打点目となるタイムリー二塁打を放ったロッテ・安田尚憲【画像:(C)PLM】

2年目左腕の土肥が白星ならずも5回1失点の力投

■ロッテ 8-2 オリックス(24日・京セラD)

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは24日、敵地でのオリックス戦に8-2と快勝し、2連勝を飾った。ドラフト1位ルーキーの安田尚憲内野手が2安打4打点と大活躍。2年目左腕の土肥星也投手も5回1失点と試合を作り、勝利に貢献した。

 先発マウンドに上がった土肥は、3回にロメロの犠飛で1点先制を許すが、その後は走者を背負いながらも無失点に抑える。すると、6回に打線が呼応。平沢の5号ソロで同点に追いつくと、2死一、三塁から安田が右翼フェンス直撃の勝ち越しタイムリーを放つなど、この回3点を奪って逆転に成功する。

 さらに8回には無死満塁から安田が押し出し四球を選び、さらに田村のタイムリーなどで3点を追加。1点を返された直後の9回には、2死一、二塁から安田がこの日2本目のタイムリーを右翼へ運び、2走者が生還。後半の追い上げで8-2と快勝した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」