野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・柳田が迫る「2度目の.350超え」 複数回達成は過去10人だけの大記録

シーズン終盤に入り、首位打者争いも形が見えてきた。パ・リーグではソフトバンクの柳田悠岐外野手が、435打数155安打、打率.356、2位日ハム近藤健介の.326に大差をつけて2回目の首位打者が近づいている。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

トップはイチローの4回、張本勲氏は3回

 シーズン終盤に入り、首位打者争いも形が見えてきた。パ・リーグではソフトバンクの柳田悠岐外野手が、435打数155安打、打率.356、2位日ハム近藤健介の.326に大差をつけて2回目の首位打者が近づいている。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 9月16日西武戦(メットライフドーム)の試合前練習中に、相手野手がフリー打撃で放った打球を左側頭部に受け、大事を取って試合を欠場。脳振とうの疑いがあったため、翌17日に「脳振とう特例措置の対象選手」として出場選手登録を外れていた。しかし、NPBによる脳振とう復帰プログラムをクリアして23日に8日ぶりの戦線復帰を果たし、関係者を安堵させた。

 柳田は2015年に502打数182安打、打率.363の高打率で、初の首位打者に輝いている。この年はトリプルスリーも記録、NPB記録のシーズン216安打を達成した秋山翔吾の.359を僅差で振り切って首位打者となった。柳田が現在のハイアベレージをシーズン終幕までキープすれば、2度目の打率.350超えとなる。

 規定打席に到達しての打率.350超えは、NPBが1シーズン制になった1939年以来、54人しか出ていない。きわめて難しい数字だ。そしてこれを複数回達成した選手はここまで10人しかいない。(1)は打率順位。

〇4回
イチロー
1994年(オリックス)
130試546打210安 率.385(1)

1996年(オリックス)
130試542打193安 率.356(1)

1998年(オリックス)
135試506打181安 率.358(1)

2000年(オリックス)
105試395打153安 率.387(1)

〇3回
張本勲
1970年(東映)
125試459打176安 率.383(1)

1972年(東映)
127試472打169安 率.358(1)

1976年(巨人)
130試513打182安 率.355(2)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」