野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ大隣が今季限りでの引退発表「色々な方々に支えられてここまで…」

ロッテは25日、大隣憲司投手が今シーズン限りで現役を引退すると発表した。

ロッテ・大隣憲司【写真:福谷佑介】
ロッテ・大隣憲司【写真:福谷佑介】

14年に黄色靭帯骨化症手術も復活、今季ロッテにテスト入団

 ロッテは25日、大隣憲司投手が今シーズン限りで現役を引退すると発表した。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 近畿大から2006年ドラフト希望入団枠でソフトバンク入りした左腕は、主に先発として活躍。2013年には第3回WBCに侍ジャパンの一員として参加した。だが、同年に難病の黄色靭帯骨化症と診断され、手術を受けた。翌2014年に1軍復帰。ソフトバンクでは1軍で通算11年で139試合に投げ、52勝48敗、防御率3.29の成績だった。 

 近年は成績が振るわず、昨年11月5日に戦力外通告を受けたが、現役続行を希望。同年11月15日に12球団合同トライアウトに参加した。今年2月にロッテ石垣キャンプへ入団テストも兼ねて参加し、正式契約を勝ち取った。2軍では24試合に登板し、3勝0敗2セーブ、防御率4.35の成績だった。

 大隣は球団を通じて「12年間のプロ野球生活、温かいご声援ありがとうございました。順風満帆なプロ野球人生ではありませんでしたが、色々な方々に支えられてここまでやってくることができました。心より感謝しております。本当にありがとうございました」と感謝のコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」