野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西鉄黄金時代の控え内野手・滝内弥瑞生氏死去 西武、近鉄でコーチ務める

9月23日、全盛期の西鉄ライオンズで内野のユーティリティ選手として活躍した滝内弥瑞生(たきうち・やすお)氏が死去した。82歳だった。

滝内弥瑞生氏の通算成績
滝内弥瑞生氏の通算成績

遊撃、三塁、一塁も守れる器用なバックアップ要員

 9月23日、全盛期の西鉄ライオンズで内野のユーティリティ選手として活躍した滝内弥瑞生(たきうち・やすお)氏が死去した。82歳だった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 滝内氏は1935年10月30日生まれ。野村克也、長嶋茂雄と同世代。福岡県立戸畑高校から1954年、西鉄ライオンズに入団。同期入団には、福岡県立東筑高校時代からのライバルだった仰木彬や、同じく福岡県でライバルだった久留米市立南築高校卒の投手、北原啓がいた。

 1年目は8試合の出場にとどまったが、2年目以降次第に出場機会が増えた。同級生の仰木彬が2年目に二塁のレギュラーとなる中で、滝内は控え二塁手となり、終盤からの試合出場が増える。

 また二塁だけでなく遊撃や三塁、一塁も守り、内野のユーティリティとして重宝された。足も速く、代走に起用されることも多かった。173センチと当時としては長身で、仰木彬よりも大柄だったが打撃は非力で、2割を超えることはめったになかった。

 しかし1960年に突如打撃開眼し、これまで通算4本塁打だったのが、6本塁打を打つ。この年には4番豊田泰光のあとの5番でスタメン出場することもあった。

 1963年限りで引退。通算成績は680試合1051打数199安打13本塁打88打点32盗塁、打率.189だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」