野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、トラウト敬遠後に意地の同点打 手術発表後の試合で2戦連続安打

大谷翔平、トラウト敬遠後に意地の同点打 手術発表後の試合で2戦連続安打

エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場し、第3打席で中前適時打を放ち、2試合連続ヒットを記録した。

「4番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「4番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

3度目の好機で左腕から同点打、スライダーをバットを折りながらセンター前に運ぶ

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場し、第3打席で中前適時打を放ち、2試合連続ヒットを記録した。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 大谷は初回1死一、二塁の場面で右腕ガヤードから一塁線へ100マイル(約161キロ)の痛烈なライナーを放つも、一塁手のグスマンが好捕。一塁走者のトラウトは戻ることができず、不運なダブルプレーとなった。さらに、0-1とリードを許した4回も無死二、三塁の好機で103マイル(約166キロ)の痛烈な打球が遊撃アンドラスの正面を突く遊ゴロ。三塁走者のフェルナンデスはスタートしたが本塁でアウトとなった。

 そして、0-1のまま迎えた6回は1死三塁の場面でトラウトが申告敬遠で歩かされ、一、三塁の好機で大谷が打席へ。レンジャーズはここで左腕ペレスを投入した。2球で追い込まれた大谷はボール、ファウル、ボールで粘ると、6球目の低めへのスライダーをバットを折りながらしぶとくセンター前に運び、技ありの同点打とした。ファウルに続いてバットを2本折ったが、これで前日の21号ソロから2試合連続ヒットとなった。

 エンゼルスはその後、相手失策で勝ち越すと、ワードの押し出し四球で大谷も生還。さらに、コワートの犠飛も飛び出し、この回4点を奪って逆転に成功した。

 2度目の右肘靭帯損傷が明らかになってからは打者に専念している大谷。エンゼルスはこの日、今季終了直後に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けることが決まったと発表。来季は打者に専念する可能性が高まった。

 レンジャーズ戦は15試合出場で打率.327、11打点、OPS(出塁率+長打率)1.103と好成績を残している大谷だが、この日も貴重な同点打を放った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」